バイリングのミルク煮

バイリング
バイリング

裏庭に生えてきた怪しいキノコ。。。ではなくバイリングという聞き慣れない商品名で売られていた珍しいキノコ。

バイリング
バイリング

調べてみると新疆ウイグル自治区天山山脈に自生する希少なキノコで、エリンギの親戚と考えられていて、食感がアワビに似ていることからアワビ茸とも呼ばれるとか。アワビ茸といえば中華料理のメニューやレシピで見たことがある。しかしわざわざ別の名前で売っているし、色もちょっと違うような…。まあマッシュルームも白かったり茶色かったりするし、キノコは個体差が激しいので、そういうもんなんだろう。

そういうわけで、早速ターサイと一緒に炒めて牛乳で煮込む。

ターサイと炒める
ターサイと炒める
牛乳で煮込む
牛乳で煮込む

味も歯ごたえもしっかりしていてエリンギよりも美味しい。
高級食材らしいが、今回はエリンギと同じくらいの値段で手に入れることができた。いつもこの値段で売ってたら使いでのある食材なので見掛けたら試してみてほしい。

[材料]

  • バイリング 1本
  • ターサイ  12/2株
  • ベーコン  少々
  • 牛乳    400cc
  • 水溶き片栗粉

[バイリングのミルク煮の作り方]

  1. ターサイを根元でばらして水洗いしておく
  2. バイリングは3〜5mmの厚さに切る
  3. フライパンを熱して油を敷き、ベーコンを炒める
  4. ターサイトバイリングも加えてざっと火を通す
  5. 牛乳を加え、沸騰したら弱火で煮詰める
  6. 牛乳が1/2くらいになったら味をみて塩を少しだけ加える
  7. 固さをみながら水溶き片栗粉をくわえる

*煮すぎるとターサイが崩れてしまう
*塩はすぐに入れ過ぎになってしまうので量を押さえる

椎茸の肉詰め

椎茸の肉詰め
椎茸の肉詰め

椎茸に挽肉をつめてフラパンで焼くだけのお手軽料理ですが、椎茸の風味と肉の旨味が解け合ってとても美味しくなります。この料理は簡単なので学生の頃よく作りました。近年は椎茸が中国産になってしまって作ってなかったのですが、このごろ国産の良い物が出回るようになったようで久しぶりに作ってみました。
“椎茸の肉詰め” の続きを読む

鮭と松茸の包み焼き

鮭と松茸の包み焼き
鮭と松茸の包み焼き

根が小心者なので、昨日のすき焼きで松茸を使い切ることができずに、一本残してしまいました。 そこで旬の秋鮭と一緒にホイルに包んでオーブンで包み焼きに。包み焼きは、閉じ込めた香りが湯気といっしょに一気に広がるのでとても華やかな感じです。秋鮭は300gくらいある大きな切り身を使いました。 バターや紫蘇ペーストも使っているので香りの洪水のような状態になります。 “鮭と松茸の包み焼き” の続きを読む

すき焼き

松茸
松茸

そういう訳でせっかく貰った松茸をどうやって料理した物かと熟考するに、やはりせっかくの松茸に失礼があってはいけないので、これまた普段は絶対買わないような国産の高級な牛の切り落としを買い込んでですよ、すき焼きにすることになった次第です。

すき焼
すき焼

うちのすき焼は関東風なので割り下を用意するのだが、最近はちょっと変則的に葱を最初に牛脂で炒めて香りを出すようにしている。時間があったら豆腐もグリルで焼いてパリッとさせる。それから割り下を注いで煮立たせてから春菊と松茸と牛肉を入れる。松茸と牛肉は相性がいいんですね。両方とも国産だし。牛肉は脂身が多い方が柔らかくて美味しいんですけど、松茸と合わせる時は赤味の方が味が濃いので松茸の香りをしっかり受け止めるから好みですね。で、最後はうどんでしめるという関西風の食べ方を取り入れてます。

 

秋の旬

松茸
松茸

 秋といえばいろいろ美味しい物が多いのですが、やっぱり松茸はいいですよねぇ。日本人はやっぱり松茸ですよ。 松茸なんてぇのはあたしら庶民が、まぁ普段なら口にできないほど高級なものなんでして、あっしが子供の頃は、子供があんなもん食べたら口が曲がっちまうなんてぇ言われたもんですよ。ところが今年はさる筋からお裾分けをいただくという果報に恵まれましてねぇ。これは大変だってんで早速神棚にお供えして…

冷凍しめじ

 

冷凍しめじ
冷凍しめじ

八百屋さんの店頭では常連のブナシメジは見た目は可愛いのですが、淡白で油で揚げたりしないと味が引き出せないので、使い勝手がイマイチでした。ところが冷凍すると格段に美味しくなるという話しをためしてガッテンで知ってから我が家の冷凍庫でも常備菜となっています。

 

アヒージョ

アヒージョ
アヒージョ

アヒージョはニンニク(アホ)の香りを移したオリーブオイルでマッシュルームやエビや貝やタコ、砂肝を煮た料理です。シンプルで手軽に作れてすごく美味しいのでお勧めです。
今回はマッシュルームで作りました。この料理は見事にマッシュルームの美味しさを引きします。具材を煮たオイルには味と香りが溶け出していますので、バゲットを用意してオイルに浸けながら食べることをお勧めします。

 

ちなみに、仕事の打ち上げで恵比寿の居酒屋に行ったとき、この料理をフクロタケで作ったものを出して来ました。いろいろ応用がききそうです。
“アヒージョ” の続きを読む

焼き秋刀魚の炊き込み御飯

栗、芋、秋刀魚と秋の味覚を満喫してます。
秋刀魚はそろそろ終わりですが、今年は一夜干しを良く作ったので、応用編で炊き込んでみました。新米に香ばしい秋刀魚の油が回ってこれは絶品ですね。今回は一夜干しで作りましたが、手間が惜しい場合は普通に塩焼きで作れると思います。
一緒にブナシメジも炊き込みましたが、これも炊く前に炙って香りをだしています。

[材料]

  • 秋刀魚 2匹
  • ブナシメジ 適量
  • 米   2合
  • だし汁 2カップ
  • 酒   大さじ2
  • 醤油  小さじ2
  • 生姜  1かけ
  • 小葱  適量
  • 胡麻  適量
  • カボス 適量

[作り方]

 

  1. 米は研いでザルにあげておきます。
  2. 生姜は千切りに、小葱は小口切りにしておく。
  3. 秋刀魚は身の方から香ばしく焼きます
  4. ブナシメジも焼いて香りをだしておきます
  5. 土鍋に米を入れ、出汁、酒、醤油を加え混ぜます。
  6. 米の上に秋刀魚とシメジを並べて強火にかけます。
  7. 沸騰したら弱火にします。
  8. 水分がなくなったら火を止めて蒸らします。
  9. 蒸らすときに千切り生姜を散らしておきます。
  10. 蒸らしあがったら小葱を散らします。
  11. 器にもって胡麻をふり、カボスをしぼって頂きます。

マッシュルームカレー

_6200041
マッシュルームカレー

インドではマッシュルームは比較的高級なものらしいです。
マッシュルームは火を通し過ぎると水が出て縮んでしまうので気をつけましょう。今回は生クリームの代わりに牛乳を使ってスキムミルクでコクを出してみました。

[参考にしたレシピ]
アデレードドリーム - 日本人家族の移住生活

麻辣豆腐

麻辣豆腐
麻辣豆腐

麻婆豆腐レシピの豚肉を茸に変えて。エリンギ、エノキ、キクラゲをたっぷり使って、葉にんにくのかわりにピーマンを入れてみた。

油            大さじ5
ニンニク みじん切り   大さじ1
生姜   みじん切り   大さじ1
唐辛子  みじん切り   大さじ1
長ネギ  みじん切り   1/2本

エリンギ みじん切り
エノキ  みじん切り
キクラゲ 水で戻しておく

木綿豆腐 角切り     2丁
ピーマン 角切り     4個

調味料A
豆鼓   みじん切り   大さじ1
豆板醤          大さじ1
甜面醤          大さじ1/2
粉唐辛子         小さじ1

調味料B
紹興酒          大さじ2
醤油    大さじ1

鶏ガラスープ        260cc
片栗粉  同量の水で溶く  大さじ2

ラー油
花椒   乾煎りして粉にしておく

・鍋に油を入れ、弱火でニンニク・生姜・唐辛子を炒め香りを出す
・香りが立ったらエリンギを入れ、弱火で炒めつづける。
・エリンギから水分がなくなったらエノキを入れて炒め続ける
・エノキを入れて5分程度したら、具を寄せて鍋の中央を空けネギを炒める
・全体を混ぜて再び中央を空け、調味料Aを次々と加え炒め香りを出す。
・香りが出たら調味料Bを加え煮立たせて全体を混ぜる
・鶏ガラスープを加え、沸騰させて豆腐をいれ、弱火で煮込む
・スープが減って豆腐に味が入ったらピーマンを加え混ぜ一煮立ちさせて
・塩で味を整えて片栗粉を混ぜて固める
・ラー油を掛けまわして皿に盛り、花椒粉をふりかける

うーん。美味しいしかなりいけてるんだけど完成まではあと一息? 次は干し椎茸を入れて香菜を掛け回してみよう

茸と鮭のキッシュ

_6265447
茸と鮭のキッシュ

なんか近所のスーパーでエリンギとシメジが安いのは梅雨だから?
一年中で最も菌類の育成に適した環境の今日この頃、冷蔵庫の中身も早めに回転させないと悲しい事になるかもしれません。
“茸と鮭のキッシュ” の続きを読む