_和風 米類

筍御飯

ベランダの山椒が花を咲かせていました。 筍の炊き込みご飯は出汁を効かせたて色づく程度の醤油と塩ひとつまみを加え日本酒で香りをつけます。 筍が余ったら水に浸けて冷蔵庫で保存します。水は毎日換えます。

Continue Reading
米類

安倍川餅

徳川家康が駿河の安倍川上流に開いた金鉱を視察したとき、風味の良い豆の粉をまぶした餅を献上された。家康がこの餅の名を問うと、安倍川で採れる砂金をまぶした「金な粉餅」であると答えたという。家康はこの奇智を誉め、褒美を与え、改 …

Continue Reading
_和風 大根 米類

辛み餅

今年は伸し餅を買って3/4は冷凍庫で保存しています。凍ったお餅はそのままお湯で煮て柔らかく戻します。 餅をお湯で柔らかくして、大根おろしに絡めると大根のジアスターゼが澱粉を糖に分解して甘くなります。 卸したての大根に絡め …

Continue Reading
米類

初炊ぎ

炊飯土鍋

未だに電化の遅れている我が家は炊飯土鍋を愛用しております。それも2000円もあればおつりが貰えるリーズナブルなやつです。今年の初炊ぎは勢い良く吹き出しました。 そういえば一週間ぶりの米の御飯ですね。

Continue Reading
その他の野菜 米類

そら豆御飯

まめ御飯はいろいろありますが、白米との相性ではやはりそら豆に勝もの無しではないかと。しかしそら豆は鮮度が落ちやすく値段も高い!世の中うまくいかないものです。そら豆が美味しいのは収穫してから3日とか、美人短命とは言いますが …

Continue Reading
_和風 大根 米類 里芋

京雑煮

正月三が日も今日が最後。名残惜しいので関西を代表する京都風のお雑煮を作ってみました。 出汁をとらないで湯で溶いた西京味噌の中に、茹でた大根、里芋、餅を合わせて花カツオを振りかけます。椀ものとはいえ、和え物のような作り方で …

Continue Reading
_和風 米類

お雑煮

うちは鶏と小松菜に焼いたお餅を入れます。 鶏肉はアクをとりながら90度前後で長時間煮ると柔らかくなって良い出汁が出ます。あまり高温だとイノシン酸やアミノ酸が分解するそうです。

Continue Reading