豚ハツのパプリカ炒め

豚ハツのパプリカ
豚ハツのパプリカ

蒸し暑くなって参りました。この季節、ビールの友に最適な料理です。
クックパッドを見てたらハンガリーの人が地元の料理をいろいろ紹介してくれていて、その中に色々な動物のハツでつくるグラーシュというのがあったので、それは良いなと思ったのですが、季節柄グラーシュにするよりも新ジャガと炒めてみようとアレンジしてみました。
“豚ハツのパプリカ炒め” の続きを読む

トルティージャ デ パタタス

トルティージャ
トルティージャ

スペインオムレツです。スペイン料理を情熱的に紹介しているサイトがあったので、そこの「じゃがいもの本格トルティージャ」というレシピを参考にさせていただきました。本格なのはジャガイモとタマネギを大量のオリーブオイルで炒め煮にするんですね。玉葱の香りがジャガイモに移って食欲をそそります。このときオリーブオイルに塩を入れて味付けまでしてしまうところに関心しました。こうして作るとオムレツなのにビールのつまみにしたくなります。
それにしてもここのサイト凄いですね、詳しい写真つきでスペイン料理だけで100種類くらい、トルッティージャだけで5種類もレシピが紹介されてます。更に創作パエリアも35種類。勉強になります。

 

[参考にしたレシピ]
セニョーラ・あ~の気ままな食卓

ニョッキ デ フォルノ

ニョッキ デ フォルノ
ニョッキ デ フォルノ

なんかイタリア料理みたいな名前ですが、ブラジル料理みたいです。シェーパーズパイのフィリングをツナにしたような料理ですが、さっぱりとしていて独特の味わいがあります。これがサウダージというものでしょうか???
レシピの半量で作ってみましたが、形状の問題なのかポテトが足りなくなりそうでした。

 

[参考にしたレシピ]
ニッポ・ブラジル

カルボナード・フラマンド

9210015.jpg
9210015.jpg

日本と言えばスキヤキ、ベルギーと言えばカルボナード。
食べ物に興味が無い人でも牛肉のビール煮込みの噂は聞いたことがあるかもしれません。でも食べたことがある人はあまりいないかもしれません。酒税法の関係でビールが高騰してる日本でわざわざこの料理を作るのは…。宴会とかで開封してしまったビールの余りがあるときに作るのがいいですね。
北のブッフブルギニョンと呼ばれるように、赤ワインに代わりにビールを使います。ビールに漬け込むわけではないようですが、アルコールには肉を柔らかくする効果があってビールくらいのアルコール濃度がちょうどいいらしいです。
この料理の醍醐味はフライドポテトとソースの相性にあると思います。ベルギーの人に言わせるとベルギー人にとってフライドポテトは日本人の米と同じだそうです。世界一フライドポテトを愛してると自負してはばからないからこそ、いかにフライドポテトを美味しく食べられるカルボナードを作るかという論理に帰結します。
というわけでベルギー文化に敬意を表して付け合わせには必ずフライドポテトを用意しましょう。
塩胡椒はフライドポテトにふるのでカルボナードには不要だと思います。
“カルボナード・フラマンド” の続きを読む

ケワ・ダツィ

ケワ・ダツィ
ケワ・ダツィ

ジャガ芋のチーズ煮込み唐辛子味です。

キノコで作るとシャモ・ダツィになります。ジャガ芋とキノコの両方を入れるとケワ・シャモ・ダツィになるようです。

ダツィというのはカッテージチーズのことのようですね。今回はピザ用のチーズを使いました。 “ケワ・ダツィ” の続きを読む

ほうれん草のニョッキ



先日のニョッキのソースとほうれん草が残ってたので再びニョッキ。
ゴルゴンゾーラのソースに生クリームと塩鮭を足してみました。塩分がほうれん草の甘味を引き立てます。
“ほうれん草のニョッキ” の続きを読む

ニョッキ ゴルゴンゾーラソース

ニョッキ ゴルゴンゾーラソース
ニョッキ ゴルゴンゾーラソース

ふわふわのニョッキ!ゴルゴンゾーラを贅沢に使って大人の味です。こないだから手打ちパスタがちょっとマイブーム来てるかも。
しかしカロリー高過ぎるような気がします(T_T)。
“ニョッキ ゴルゴンゾーラソース” の続きを読む

ジャガイモとチーズのグラタン

ジャガイモとチーズのグラタン
ジャガイモとチーズのグラタン

で、昨日漬けたプティサレを使ってアルザス風のグラタンてやつを。これマンステールっていうちょっと癖の強いチーズを使うところがポイントなのですが、日本では高価なので普通にピザ用の溶けるチーズで代用。香りが寂しいのでキャラウェーを振りかけてちょっとドイツ風。
“ジャガイモとチーズのグラタン” の続きを読む

肉じゃが(渇水調理版)

肉じゃが(渇水調理版)

肉じゃが(渇水調理版)
肉じゃが(渇水調理版)

普通に肉じゃがですが、某巨大掲示板料理板で話題の水を入れない煮込まないバージョンで作ってみました。酒、味醂、醤油というシンプルな材料で美味しくできます。

牛肉(薄切り) 200g
ジャガイモ 4個
玉葱    大1個
シラタキ  1袋
インゲン  3本

酒 100cc
味醂 50cc
醤油 50cc

牛肉はOGビーフの肩肉を使用。酒(分量外)を振りかけておく。
ジャガイモは皮を剥いて適当に切り分ける。面取りすると尚良し。
玉葱は皮を剥いて櫛切りにしておく
インゲンは適当に短く切っておく
シラタキは湯通ししておく

フライパンを熱して油を敷く。牛脂を敷くとOGビーフでも和牛の味になるかもしれない。
牛肉を入れて色づくまで炒める。
ジャガイモ、玉葱、シラタキを加えて全体に油がまわるまで炒める。
適当に炒めたら酒と味醂を入れ蓋を閉めて蒸煮にする。
弱火にして10~15分くらいしてジャガイモに火が通ったら醤油とインゲンを加える。
全体を混ぜ合わせて更に10〜15分くらい煮る。
煮汁がなくなって来たら全体を絡めて、味が薄いかったら醤油と砂糖で整える。

火を止めて5分くらい蒸らしてできあがり。
うちのフライパンは28cmで大きめなので普通は鍋で作った方が良いかもしれません。

チキンと豆とジャガイモのカレー

チキンと豆とジャガイモのカレー
チキンと豆とジャガイモのカレー

スーパーのカレー用豆の水煮っていう豆の詰め合わせを使って、野菜は余り物を適当に、使うスパイスもクミンとターメリックと唐辛子とニンニクと生姜だけ。相当手軽です。

けっこう何の野菜を入れても美味しくなりそうです。冷蔵庫に残ってた茄子とニンニクの芽をいれました。

こちらのレシピで
誰も知らないインドカレー