ロシア風(露西亜風)

ボルシチ

P3050009
ボルシチ

ボルシチはシチューかと思ってたらスープなんですねえ。

シチューと違って煮込まない。その設計思想はシチューのそれより味噌汁に近い。
最初に肉で出汁をとり、フォンに野菜を入れて一煮立ちさせたら出来上がり。

P3050006
ボルシチ

3 Comments

  1. ボルシチ⇔味噌汁ですか。
    材料の持ち味がそれぞれ立ってる感じなのかな。
    (シチューは全部が渾然一体となっているイメージ)
    ところで、野菜は何が入るんでしょう?
    ビーツ、人参、キャベツ、たまねぎ・・うーん、じゃがいもも?

  2. ご無沙汰してます〜。>kintaro様

    ですねえ。これ冷蔵庫の残り物整理系料理です。<たぶん
    ただビーツ(ビート)とサワークリーム(スメタナ)を入れないとボルシチとは呼ばないみたいです。
    スメタナは手に入らなかったのでヨーグルトをガーゼに包んでぶら下げてサワークリームを作りました。生クリームを醗酵させて水分を抜いたもののほうが本物っぽいそうです。

    野菜は玉ねぎ、人参、セロリ、キャベツ、トマト、ピーマン、ナス、白菜、ほうれん草、小松菜、ヤングコーン、アスパラとかも。ほとんど何でも有りかと・・
    ジャガイモは付け合わせにしたほうが美味しいかも、煮てから崩してトロミをつけるってレシピも見かけました。
    たんぱく質系はソーセージ、ベーコン、肉団子、魚の唐揚げ、等々。

    ロシアは昼食がディナーに相当するようで、1番重い食事をとるそうです。
    前菜、スープ、メインの組み合わせで、ボルシチはスープの位置づけです。

    大ざっぱに作り方を書くと
    水で肉を1時間くらい煮て出汁をとる。香辛料はローリエ

    ビーツは別に煮ておく。(缶詰めの場合は不要)
    根菜類は炒めておく。(すり下ろしてから炒める方法もあり)
    葉物は切っておく。キャベツはクシ切り。
    全ての材料を鍋で合わせて一煮立ちしたら*火を止め、
    香辛料(胡椒、ディル、キャラウェイ、等)と塩を加減して味を決め
    マーガリンかバターを落として20分蒸らす。

    *ビーツは煮込むと色が消えます。

    器にとりわけサワークリームをのせて溶かしながら食べる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です