_和風 その他の魚

稚鮎の天婦羅

珍しく稚鮎を見かけたのでもとめてみました。ちょっと量が多いですね。稚鮎は丸ごと天婦羅にすると野趣溢れる風味があって美味しいのです。つまり爽やかな苦みがあるということです。この手は山菜といっしょでお子様はきらいですね。 そ …

Continue Reading
上海風 牡蠣

炸生蠔(牡蠣の天ぷら)

牡蠣をサクサクの衣で包んだ中華風の天婦羅です。カキフライはよく作りますが、目先を変えて見たくなったときにはお勧めの一品ですね、今シーズンはこれをよく作りました。春菊や椎茸などの香りの良い野菜を添えると相性がいいみたいです …

Continue Reading

手羽先の黒い唐揚げ

手羽先の黒い唐揚げ

手羽先が黒い唐揚げなのはよそ見をしていて焦がしてしまったというわけではなく、タレの中にハチミツの代わりにマンゴージャムを入れたらカラメル化して良い色が出ました。 なんでマンゴージャムかというと冷蔵庫を覗いたらそれが目につ …

Continue Reading
_和風 牡蠣

カキフライ

最近、カキフライにする牡蛎は大きい方美味しいと思うようになりました。小さい牡蛎は2つ以上を一緒にして揚げるといいみたいですね。生食用のカキは水揚げ後、紫外線による殺菌をされたものなので身が痩せて栄養価も低いとされます。加 …

Continue Reading
エビ

甘エビの頭の素揚げ

刺身で余った甘エビの頭をカラッと揚げて熱いうちに塩をふる。 ミソが剥き出しなのでサッと揚げないと油が跳ねます。ひとつづつ頭の先から油に入れていけばいいのかも? 少し粉をふってフリッターにしてもいいですね。次回は試したいで …

Continue Reading
_和風

偽装鯨肉

レバーと蒟蒻の香り揚げ

  これはびっくりですね、味も見た目も食感も鯨の立田揚げそっくりですが、鯨肉ではありません。実は鯨肉と似た味がするという噂のイルカ肉でもありません。山鯨といえばイノシシのことですが、それも違います。 正体は鶏レ …

Continue Reading
_和風

ササミカツ

ササミカツ

揚げ竹輪ではありません。ササミの中に海苔を敷いてタタキ梅やチーズを巻き込んでいます。 これは居酒屋メニューですね。 キエフ風カツレツに似ていますが、海苔を使って密閉率を高めています。バリエーションとしては紫蘇の葉で巻くの …

Continue Reading
エビ 香港風

エビのフリッター

重曹を入れないタイプの衣のフリッターなので、皮がソフトな仕上がりです。塩と山椒でいただきました。衣が余ったので冷凍シメジもフリッターにしましたが、美味しかったですね。白身の魚も向いてると思います。 他の料理のときに余った …

Continue Reading
エビ 香港風

エビマヨ

代表的なエビの中華料理と言えばエビチリとエビマヨです。 まだ周富徳がテレビによく出てた頃、マヨネーズにコンデンスミルクとジンを混ぜると紹介していたのでそういうもんなんでしょう。もっとも中華料理店に行くとこの料理は「エビの …

Continue Reading