ラハノリゾ

ラハノリゾ
ラハノリゾ

キャベツのリゾットです。本当はもうすこしピラフっぽくなるはずだったんですが、突然思いついて給水後の米を使ったのが敗因ですかね。
甘いキャベツの煮汁で米を炊き上げるヘルシーなギリシャ料理です。レシピはギリシャのごはんさんで見かけたものから。すごく胃に優しい感じなので、なにかガッツリとした肉料理の付け合わせに良いかもしれません。今日は鶏手羽とセロリの煮込みと一緒にいただきました。

_B294500
鶏手羽とセロリの煮込み

鶏肉でスティファド

鶏肉のスティファド
鶏肉のスティファド

ウサギと小タマネギを煮込んだギリシャのシチューです。カキューズに良く似ていますね。
ウサギと小タマネギは手に入らなかったので今日は普通の玉葱と鶏肉で代用しました。鶏は半身1kgと玉葱を1kg。カキューズと違って鍋で煮込むので玉葱が崩れやすいです。普通の玉葱で作る場合はオーブンで焼いたり、保温調理鍋を使う等の工夫をした方がいいかもしれません。今日は溶け過ぎです。↓

鶏肉でスティファド
鶏肉でスティファド

[参考にしたレシピ]
ギリシャのごはん
自炊自賛

スパナコリゾ



ギリシャの有名なお米料理。こういうのはほうれん草が美味しい冬のうちに作っときたいですね。最近TVでは汁実するアニメが流行ってますが簡単にホウレンソウが沢山食べれます。
リゾットとはちょっと違うみたいですが、近縁の親戚みたいなもんでしょうか?
“スパナコリゾ” の続きを読む

ムサカ

P1010064
ムサカ

ギリシャで生まれトルコ人が広めた地中海料理の代表。できたて熱々より冷まして食べたほうが宜しい。

下から ジャガイモ 挽肉 トマト ナス ベシャメル チーズを重ね焼きにしたグラタンの元祖みたいな料理。イタリアに渡ってラザニアになったともいわれてるらしい。
ムサカとは「冷えても美味しい」という意味だとか。どこの言葉だ?

P1010055
ムサカ

A)ジャガイモは3〜4個 茹でておく

B)ニンニク1片は潰す、タマネギ半個は微塵切り、オリーブオイルで良く炒める。
挽肉200gを加え良く炒める。シナモン、ナツメグ、塩、胡椒

C)トマトの水煮缶からトマトを取り出し、軽くしぼって水分を切っておく

D)ナスは塩を振り1時間くらい放置、水にさらして水を切り、オリーブオイルで炒めておく

E)ベシャメルを300ccくらい作る、シナモン、塩コショウで味を整える

  1. 耐熱皿に(A)を輪切りにして敷き詰め、
  2. 次に(B)をのせて全体を平らにし、
  3. その上に(C)をちぎって敷き詰める、
  4. その上に(D)を奇麗に並べ、
  5. その上に(E)を全体にかけ回す
  6. その上にチーズを散らし、フレッシュトマトの輪切りを飾り、
  7. 180度のオーブンに入れる。
  8. 焦げ目がついて良い香りがしてきたら完成。

タラモサラダ

P2280008
タラモサラダ

カリッと焼いたガーリックトーストが欲しくなります。生野菜とも相性がいいです。

オリーブの香りとレモンの酸味が地中海って感じですかねえ。
玉ねぎのすり下ろしが意外な隠し味になってタラコの生臭さを感じさせません。レシピによってはジャガイモの代わりに乾燥したパンを砕いて使ってますね、こっちの方が本式なのかな? EXバージンオリーブの香りが命です。物足りなかったのでオリーブを微塵切りにして混ぜ込みました。パンを使えばジャガイモのように重くないので必要ないのかも。

たらこ……100g
ジャガイモ……4個
すりおろしタマネギ……1個
EXVオリーブオイル ……1/2カップ
レモン果汁……1個分

参考にしたレシピ
http://www.nostimia.com/recipies/reci001.html

バミエス・コキニステース

922
バミエス・コキニステース

ギリシャといえばオリーブオイルとトマト。世界で一番オリーブオイルとトマトを消費するのはギリシャに違いありません。

というわけでオクラのトマト煮込みバミエス・コキニステースですが、ベジーな感じで健康的です。このレシピ、ちょっと香辛料を変えると中東のピンディーカレーになります。ギリシャにはマントウという餃子?のようなパスタもあるらしくシルクロードって感じです。 普通にスパゲティしかなかったのですが、クスクスのようなもののほうが相性はいいかも。
オクラは煮込みが足りなかったかも。日本のオクラはでかいので切ったほうがたべやすいかも。

 

参考にしたレシピ

http://www.mesogeia.net/food/laxanika/bamiesja.html