エビ 四川風

乾焼蝦球?(エビチリ)

陳健民が日本で発明したというエビチリソース。感動的に美味しいです。
今日作ったのは、卵を入れて卵のチリソースとエビチリソースを一緒に楽しめるお得なメニューになってます。

レシピはこちらを参考に、中華甘酒ってのがなかったので、日本の酒粕を使いました。
http://yarunara.pro.tok2.com/gansou.htm
手間はかかるけど、手間をかけるだけの価値があります。
四川省にはパンダは居ても海が無い。海が無いが海老はいるのか?乾焼蝦球という料理は本当に四川省にあるのか?
まあ陳健民が四川料理の料理人で彼が海老という食材に出会って四川風にアレンジしたのだから四川料理であることは間違いない。つまり大阪に存在しない大阪焼のようなものだ!(大阪焼きで感動はしないけど)言ってみればイタリアに存在しないナポリタン、つまりアメリカに存在しないアメリカンドッグ!・・・陳健民に失礼なのでこの辺で辞めときます。
エビチリを作るとき一番難しいのは赤い色を奇麗に出すことですね。すぐ黒くなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です