もやし炒めの餡掛け

もやし炒め
もやし炒め

最近、nohoさんがもやしでダイエットに成功したと聞いて、食事にもやしを取り入れるようにしました。なんと正月から3ヶ月で15kgの減量に成功したとか。あやかりたいものです。
そこで、もやし。これはクックパッドでも人気のレシピに手を加えたもので、餡を適当にアレンジしてあります。もやしを炒めて取り出しておき、スクランブルエッグを作って上に載せ、餡を作って掛けるだけの簡単レシピですが、人気が高いだけあって流石に美味しい。とても良く似たレシピで卵とじにした中華料理を見たことがあります、オムレツ風にするとベトナムのバインセオになったりしますが、スクランブルエッグ載っけは失敗知らずのお気楽メニューとしてぜひレパートリーに加えたい一品です。

青梗菜の青菜炒め

青菜炒め(青梗菜)
青菜炒め(青梗菜)

手軽な一品としてサッとできる青菜炒めは食卓には欠かせない存在ですよねー。ボリュームもあって値ごろ感の高い青梗菜を使った青菜炒めを作ってみました。中華料理のレシピをみると大概タケノコを一緒に炒めてるみたいなんだけど、タケノコは手に入らなかったので青梗菜だけの炒め物です。

“青梗菜の青菜炒め” の続きを読む

焼きビーフン(炒米粉)

焼きビーフン(炒米粉)
焼きビーフン(炒米粉)

シンプルな焼きビーフンです。ビーフンは福建省や、その対岸にある台湾でよく食べられてるようです。

ビーフンの戻し方は諸説あってわりと難しいのですが、私は水に漬けて30分で戻す方法が確実で簡単だと思います。干しえびも同時にぬるま湯に漬けて30分で戻します。ビーフンと干しえびを戻してる間に具材を切りそろえ、他の総菜を作っておくと丁度いいころ合いに作り始めることができるうえ、表面がべとつかずしっかりコシのあるビーフンが作れます。ちなみにビーフンをそのまま水に長時間漬けっぱなしにしておくとぼろぼろに崩れます。

“焼きビーフン(炒米粉)” の続きを読む

蝦仁炒蛋

 

蝦仁炒蛋
蝦仁炒蛋

エビ卵炒めです。エビ入りスクランブルエッグの感じに仕上げるといいかもしれません。 トマトソースは使わないで塩味でいただくことの方が多いみたいですが、タイのスイートチリソースの在庫があったので使ってみました。南国風で相性がいいです。 “蝦仁炒蛋” の続きを読む

葱爆羊肉

葱爆羊肉
葱爆羊肉

羊の薄切り肉が安かったので色々レシピを調べてみましたが、羊って薄切りにするとあまり使い道がないみたいです。みんなどうやって食べてるんだろう? で、作ってみたのが山椒を効かせた羊の葱炒めです。長葱の甘みと山椒の香りが羊の美味しさを引き立てます。いやー羊肉って暖まりますね。 “葱爆羊肉” の続きを読む

鶏蛋西紅柿(トマトオムレツ)

オムレツ
鶏蛋西紅柿

卵とトマトの炒めものです。正確には卵炒めのトマト煮に近いと思います。残念ながら、オムレツからはかなり遠いですね。。
砂糖とニンニクで味をつけます。 最初は香港料理屋で食べたことのある丸ごとトマトのオムレツを作ろうと思いましたが、どうやらこちらの方がポピュラーなようなので作ってみました。
卵は半熟よりもしっかり火を通した方が美味しくなります。トマトは面倒でも湯剥きすることをお勧めします。

 

材料
  • トマト  2個
  • 卵    3個
  • ニンニク 1片
  • 砂糖   少々
  • 塩    一摘み
鶏蛋西紅柿の作り方
  1. トマトはヘタをくりぬき、反対側に十字の切り込みをいれて熱湯につけます。
  2. 皮が縮んで剥け始めたら取り出して水につけて冷まし、皮を剥きます。
  3. 卵を割りほぐします。
  4. 中華鍋に油を大さじ2ほど熱して卵を入れ、固まって来たら前後に返すようにして大きく混ぜ、火を通します。
  5. 卵に火が通ったら別皿に取り出しておきます。
  6. 中華鍋に新たに油を熱してニンニクとトマトをいれます。
  7. ゆっくり火を通してトマトから水が出始めたら、砂糖と塩をまぜて、卵を戻します。
  8. 卵にトマトの汁を吸わせて出来上がりです。

豚ハツのパプリカ炒め

豚ハツのパプリカ
豚ハツのパプリカ

蒸し暑くなって参りました。この季節、ビールの友に最適な料理です。
クックパッドを見てたらハンガリーの人が地元の料理をいろいろ紹介してくれていて、その中に色々な動物のハツでつくるグラーシュというのがあったので、それは良いなと思ったのですが、季節柄グラーシュにするよりも新ジャガと炒めてみようとアレンジしてみました。
“豚ハツのパプリカ炒め” の続きを読む

空芯菜のニンニク炒め

空芯菜のニンニク炒め
空芯菜のニンニク炒め

今日は昨日と打って変わって晴れ間が覗き、よい天気でした。日が出るとすっかり夏日で南洋風の物が欲しくなります。
空芯菜のニンニク炒めはベトナムやタイでも日常的に食されているもののようですが、今日は台湾風で作ってみました。どこが違うかという香り付けに紹興酒を使う所だけです。ベトナム風にするにはラードとニョクマムをタイ風にするには干しえびとナンプラーというふうに味付けの違いで目先が変えられる美味しい炒め物です。鰹節と醤油で胡麻油だと和風にも馴染みそうです。
栄養価もとても高いようなので冬のホウレン草に対して夏の定番に加えたいメニューです。御飯よりビールに合うのが難点かもしれません。
“空芯菜のニンニク炒め” の続きを読む