35minベーグル

 

_C175193
30minベーグル

朝起きて、パン屋に行こうかとも思ったけど、それも面倒くさいので一気にベーグルを焼く。強力粉とドライイーストと砂糖と塩だけですぐに作れる。寝ぼけた頭でもけっこうまともに焼きあがる。

“35minベーグル” の続きを読む

マルイチベーグル

マルイチベーグル
マルイチベーグル

NYスタイルでとても有名なベーグル屋さん。
駅から少し離れた場所にあるのですが、友人の家に行くときに前を通ります。いつも行列ができていて気になっていたのですが、夕方に通ると空いているみたいだったので寄ってみました。店員さんの愛想がよくて時間的に常連さんが多いのか下町の豆腐屋のようでした。 もうフィリングは売り切れで何も残っていませんでしたが、ベーグルは閉店15分前なのに焼きたてが出て来ました。ここのベーグルは不思議としっとりとしていて喉越しがいいですね。

チャパティ

PA041981
チャパティ

チャパティは米が主流の南インドと違い、粉食の北インドの家庭料理には欠かせない存在だそうです。 アタと呼ばれる全粒粉から作るものらしいのですが、手元に無かったので地粉で代用してしまいました。全粒粉の方が栄養価が高く、身体に良さそうです。 作り方は簡単で、粉を塩と水で練って寝かせて延ばして焼くだけです。寝かしてる間にカレーを作ることで、作り始めてから30分くらいで食事の用意ができてしまいます。

[参考にしたレシピ] アーユルヴェーダと菜食主義

エンパナーダ

エンパナーダ
エンパナーダ

中南米の方で食べられているミートパイ。具や生地のレシピも無数にあるようですが、今回はチリ風で作ってみました。
サクッとした皮の中からオリーブの香りが溢れ出て素敵です。

[参考にしたレシピ]
キッコーマン国際食文化研究センター
秘伝 うちの味

気軽に作れる簡単スナックですね。具もいろいろなので自分でツナとオリーブと玉葱なんかの具を開発してみるのも面白いかもしれません。

ラフマジュン

ラフマジュン
ラフマジュン

薄焼きのピザ(のようなもの)にミートソース(のようなもの)を塗って、スライス玉葱やトマトを乗せて太巻きのように丸めて食べます。スナック感覚ですね。タコスとどう違うかというと、醗酵生地を使うところが大きく違いますが、あとはほとんど同じじゃないかと…。

この料理もバリエーションが無数にあるようですが、基本的には生の羊肉を生地に塗ってオーブンで焼き上げるピザ形式が、羊の風味を生地に染み込ませる先日のクイマル・ピデと同じで、トルコ風なんじゃないかなと。
今回は残念なことに羊が手に入らなくて牛の挽肉を使いましたが、やはり羊で作るのが美味しいと思います。生地はピザと違ってけっこうしっかりとした堅さ(みみたぶくらい)にしたほうが薄くしたとき扱いが楽ですね。柔らかいとちぎれます。
薄くて柔らかいしっとりとした焼き上がりが美味しそうです。

参考にしたレシピ
http://blog.livedoor.jp/istanbulcafe/archives/27573920.html
http://cchan225.blog28.fc2.com/blog-entry-171.html

ピタパン

ピタパン
ピタパン

中近東の中空なパンですが、最近ではイギリス辺りでもフィッシュアンドチップスを追い落とす勢いの人気だとか。日本でも秋葉原当たりで人気があるようです。

油脂をまったく使わないで強力粉だけで作ってみました。パン単体では味も素っ気もなくぱさぱさしてますが、野菜や肉を挟むとなかなかいけます。イギリス人は合わせ技が好きなのでこういうのが受け入れられやすいのかも。

クイマル・ピデ


ピザの原型になったというトルコの総菜パン。この皿は直径40cmなんです。けっこう大きい。

参考にしたレシピ
http://www2u.biglobe.ne.jp/~nee/framepage56.htm
http://home9.highway.ne.jp/arabia/cooking/receipt/pide.html
http://www.ab.cyberhome.ne.jp/~satoc/recipi-kuimalpide.htm

パンに生肉を乗っけて焼くのは初めてです(笑)。粉2カップ、羊150gで作りましたが、けっこうなボリュームになりました。
塩はかなり強めに振った方が美味しいですね。焼いてから食べてみて味が物足りなかったら塩を振りかけると良い感じです。

蓬(ヨモギ)のベーグル

ヨモギのベーグル
ヨモギのベーグル

昨日奥多摩でお世話になった、駒鳥山荘の奥様に摘んでいただいた蓬を使って。早速ベーグルを焼きました。
クリームチーズを塗ってスモークサーモンとケッパーを挟み、紅茶はラプサンスーチョンで!

新鮮な蓬の香りが素晴らしいです。

ヨモギのベーグル
ヨモギのベーグル

強力粉 250g
砂糖 10g
塩 5g
ドライイースト 2g

ぬるま湯 130cc
蓬のペースト 20g

摘んだ蓬は重曹で軽くボイルしてすり潰し、ペーストにしておく。
強力粉、砂糖、塩、イーストを混ぜ合わせておく、
ぬるま湯と蓬を加えて練り合わせる
最初はベトベトするが、練っているとだんだん纏まってくる。
生地のきめが細かくなり、弾力が出るまで捏ねる。

後はここのレシピとだいたい同じ。

緑色を奇麗に出したいのでお湯には砂糖を入れない。

ベーグル

P3270002
ベーグル

ニューヨーク辺りで流行ってるらしい。

ベーグルといえばスイスでユダヤ人が開発した説が有力で、ユダヤ系移民がアメリカに持ち込んで大流行したそうだ。ロシアのブブリクと起源を同じに(ていうか作り方も同じ?)するらしい。ちなみにイスラエルではピタが主流でベーグルはマイナーな存在らしい。つうかアメリカのユダヤ人口はイスラエルのユダヤ人口よりも多いそうだ。

ベンチタイムいらずでばっちり本格派!だけど強力粉を力いっぱい捏ねるので筋肉痛になるかも!
ケトリングの時に砂糖を入れわすれたので白くてもっちりとした餅のようなベーグルになってしまった。

参考にしたレシピ

http://www.cuoca.com/library/event/bagel/basic.html

ピロシュキ

ピロシュキ
ピロシュキ

揚げるのは身体に辛いので焼きピロシキ。

生地を直径8cmくらいの円形にくりぬいて小さなピロシキを沢山つくりました。CDの直径が12cm、餃子の皮くらいの大きさの生地に包んでいくのでちっこいのがいっぱいできます。
フィリングはキャベツとゆで卵を基本につくりましたが、ソーセージなんかを入れるとしっかりしたお総菜パンに。
焼き立ての熱いヤツもサックりしてて美味しいですが、少し冷ましてしっとりさせたほうが更に美味しく感じます。

参考にしたレシピ
http://homepage1.nifty.com/comari/piroshki.html
http://www.geocities.jp/sagaranl/food/receipt/main_piroshiki.htm

ピロシキ

P3060009
ピロシキ

ロシア語で小さなパイという意味だそうです。大きくなるとピローク。

ロシアではあまり揚げることはないようですね。オーブンがないので揚げパンになりますた。
醗酵パン生地の餃子みたいなもんですかねえ。今回は揚げてるときに口が開いて大変なことに・・・口が開きやすいので注意しましょう。

フィリングも挽肉を入れないでさっぱりと茹でキャベツとかマッシュルームと玉ねぎとかだったりするみたいですね〜。ソーセージとかもあるみたいです。カレーパンに代表される調理パンの類いはこいつのバリエーションですね。となると何を詰めてもけっこういけそうで、ポテサラとかカレーとかシチューとかラグーとかグラタンとかピラフとか冷蔵庫に残ったお総菜を詰めて手軽に作ればいいんじゃないかと。
生地にはたっぷりバターを練り込みます。揚げると脂っこいすね。胸焼けが・・・なんか限界を感じる今日この頃です。オーブン買うかなぁ。。。

包子(肉まん)

包子(肉まん)
包子(肉まん)

わりと適当に作っても美味しくできます。醗酵ものは奥が深く使う小麦、酵母、こね時間、醗酵時間、温度、湿度、いろいろな要因でまったく違った味になるので、研究が好きな人にはもってこいの素材です。
今回は有名なウー・ウエンさんの「北京粉料理」って本を参考にして、かなり適当に。
単純な料理ほど奥が深いものですが、作り手の数だけレシピがあるような料理の代表です。ネットでもいろいろ作り方を見つけることができますが、ぜひ自分なりのレシピを開発してください。

[材料]

  • 薄力粉    200g
  • ドライイースト 小サジ1
  • 塩      ひとつまみ
  • スティックシュガー 60g入り1本
  • 牛乳     小サジ1
  • ぬるま湯(40度)120ml
  • ラード    大サジ1
    • 豚ばら肉  200g
    • 胡椒    適量
    • 紹興酒   大サジ1
    • 醤油    大サジ2
    • ショウガ  大サジ1
    • オイスターソース 大サジ1/2
    • ごま油   少々
    • 長葱1本

 

[皮の作り方]

  1. 薄力粉にドライイースト、砂糖、塩を加える
  2. 菜箸で粉を混ぜながら、ぬるま湯を少しづつ加えて粉全体が均等に水分を吸い込むようにする
  3. 全体に水分が行き渡ったら手でこねる。
  4. 生地がしっとりしたらラードを加えてよく練り込む。
  5. 寒いときはコタツに入れたり、湯煎するかストーブの側に置いて2倍くらいに膨らむまで醗酵させる。(30分〜1時間)

[餡の作り方]

  1. 挽肉を使うより自分で肉を細かくしたほうが美味しい。
  2. ネギは1cm程度のぶつ切りにする
  3. 豚肉に全ての調味料を混ぜ混む 一つ混ぜる度に良く混ぜると書いてある
  4. ネギも混ぜ込む
  5. 胡麻油を混ぜる


[餡を包む]

  1. 醗酵した生地をそっと取りだして空気を抜きながら棒状に延ばして8等分する。
  2. 円形に延ばす。このとき中心を厚くする。
  3. 餡を8等分して包む。上側は完全に塞ぐ必要はない。

蒸す

・クッキングシートを敷いて蒸し器に並べ強火で15〜20分蒸し上げる。