メモとか

Safari 3 Public Beta

先週はWWDCでappleからいろいろ発表があったようです。とくに次期OSのレオパードに関しては下はファイルシステムから上はファインダーまでずいぶん手を入れるようで、こうなるとOS11ってのは永遠に来ないでXで停り続けるのかしら?とか思えてきます。
そんな中、OSとはあまり関係ないiPhone関係でWebブラウザの新バージョンのβ版が配布されています。win版では日本語名フォントを認識できない痛いバグがあるようですが、mac版はとりあえず使えるようなのでインストールして試用しています。
最初に立ち上げたとき何故か凄く動作が緩慢だったので捨てようと思いましたが、暫くするとウワサ通りキビキビと表示するようになりました。β版らしく細かいチューンはまだまだって感じですが、なんかMacでブラウジングするとモッタリしてるなぁと日頃感じてる人にはいいですね。あ、ちなみにメモリの占有率はかなり高めなのでそういうの気にする人は気をつけたほうがいいかもです。

さてiPodとiTunesの抱き合わせでみごとにwinプラットフォームに橋頭堡を築いたApple社ですが、iPhoneとSafariはどうでしょう?
iPodではiTunesがないと使い物にならないのが容易に想像できますが、iPhoneはPC側にSafariが無くても困らない(と思う)のでiPhoneでのsafariのユーザーエクスペリエンスがどれだけの訴求力でwinユーザーにsafariの使用を促すのか興味津々です。
ま、そうなるとsafariのレンダリングを無視してIEだけに最適化されたWebサイトのコーディングをしてた会社なんかは困るかもしれませんが、iPhoneの発売も決まってない日本でそういう話しは時期尚早というもんですかね。

ドコモ、「iPhone」に意欲 Appleと交渉へ

まあ、私としてはどこのキャリアが出そうと購入するのは間違いないんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください