寒ちぢみほうれん草のグラタン

ほうれん草のグラタン
ほうれん草のグラタン

ほうれん草は寒い時期に霜をあてて育てると葉が縮んで甘くなるそうです。甘くて味が濃いのに灰汁は少ないのでホワイトソースでグラタンにしてみました。冷蔵庫で固くなってしまったパンチェッタで炒めてゆで卵とミニトマトを乗せています。油を塗らなかったのでパン粉は上手く焦げませんでした。
チーズは使わないで軽めの味付けですが、ホワイトソースとほうれん草が絡んですごく美味しくなっています。このままパスタソースでもいけますね。
このほうれん草はキッシュも美味しそうなので次はそっちで試してみます。

ほうれん草のグラタン
ほうれん草のグラタン

焼き上がるとほうれん草はけっこう黒いんですが、濃厚です。

[材料]

  • ほうれん草 一束
  • ホワイトソース 400cc
  • ゆで卵 3個
  • パンチェッタ 適量
  • ミニトマト
  • パン粉

[ほうれん草のグラタンの作り方]

  1. ホワイトソースを作っておく
  2. ほうれん草を洗って3cmくらいの長さに切りそろえる
  3. 卵は半熟に茹でておく
  4. パンチェッタは短冊に切る
  5. ミニトマトは半分に切る
  6. フライパンにラードを溶かし、パンチェッタを炒める
  7. ほうれん草を加えてざっと炒め合わせる
  8. ほうれん草がくたっとしてきたら、耐熱容器に敷き詰める
  9. 半分に切ったゆで卵とミニトマトを並べてホワイトソースをかける
  10. パン粉をふって、180度のオーブンの上段で20分焼く

タラと里芋とホウレン草のグラタン

 

_C145113
タラと里芋とホウレン草のグラタン

すっかり寒くなりました。今日は双子座流星群だそうです。

昨日買っておいたタラでムニエルでも作ろうかと思ったのですが、なんかすっかり寒いのでホウレン草と衣かつぎもつかってグラタンに仕立てました。ソースもベシャメルに白味噌でコクを加えて和のテイストで。白味噌の風味がタラの旨味を引き立てます。

ところが、オーブンから出したグラタンを取り分けてみると、ソースが思ったよりも液状で粘性が失われてしまっていました。なんでだろうと深く考えてみると、里芋の酵素が澱粉を分解するのではなかったか?と思い至り、反省点ができてしまいました。

_C145119
タラと里芋とホウレン草のグラタン

“タラと里芋とホウレン草のグラタン” の続きを読む

サグチキン パラクチキン

サグチキン
サグチキン

ホウレン草のカレーはサグ(青菜)とかパラク(ホウレン草)と呼ばれるようです。これにチキンやパニール等が入ります。
今日は試しにホウレン草を電子レンジで茹でてみました。ホウレン草を電子レンジで茹でる場合はシュウ酸が抜けないので、茹で上がったら水に晒すといいみたいです。

[材料]

  • ホウレン草  一束
  • タマネギ   1/2個(みじん切り)
  • クミン    小さじ1/2
  • ニンニク   小さじ1/2(すり卸す)
  • 生姜     小さじ1/2(すり卸す)
  • ターメリック 小さじ1/2
  • チリパウダー 小さじ1/4
  • 塩      小さじ1
  • トマト    2〜3個(賽の目切り)
  • 水      300ml
  • 鶏もも肉   1枚

[作り方]

  1. ホウレン草は泥を落として短く切り、ビニールやラップで包んで電子レンジで加熱する。
  2. 2〜6分で火が通ったら水に晒してザルですくう。
  3. しぼって水気を切り、ミキサーやすり鉢でペーストにする。
  4. 鶏肉は皮と脂肪を取り除き、一口大に切りそろえる。
  5. フライパンに油を熱してクミンを入れ香りを出す。
  6. タマネギを加えて弱火で焦がさないように、飴色になるまで炒める。
  7. ニンニク、生姜、ターメリック、チリパウダー、塩を加える。
  8. 軽く炒めて粉っぽさがなくなったら、トマトを加え2〜3分炒める。
  9. ホウレン草ペーストを加えて沸騰したら水と鶏肉を加える。
  10. 沸騰したら蓋をして弱火で10分くらいで鶏肉に火を通す。
  11. 仕上げにコリアンダーとクミンのパウダーで調整する。

サグ豆腐(ほうれん草と豆腐のカレー)

_4212907
サグ豆腐(ほうれん草と豆腐のカレー)

先日、豆腐のステーキを作ったときに、フッとこれは行けるんじゃないかと。

インドではパニールと呼ばれるカッテージチーズを使った料理が沢山あります。パニールは自作してもそれほど手間ではありませんが、日本では美味しい豆腐が手軽に入手できるのでこれで代用するとインド料理がずっと身近になります。豆腐のコクとほうれん草が引き立てあってなかなかいけます。

[材料]

  • 木綿豆腐   1丁
  • ほうれん草  一束
  • 玉葱     半分
  • トマト    2個
  • 生姜     1かけ
  • ニンニク   1個
  • クミンシード 適量
  • ターメリック 適量
  • チリパウダー 適量
  • 千切り生姜  適量

[作り方]

  1. 豆腐は 6時間〜一晩 くらい水切りしておく。
  2. ほうれん草を洗い、5cmくらいに切りそろえる。
  3. 沸騰した湯に塩を入れ、ほうれん草を10分茹でる。
  4. 良く水を切ってミキサーでペーストにする。
  5. 豆腐は一口大に切り分け、水分をふき取り、小麦粉をはたく。
  6. フライパンに油を敷いて豆腐の表面をしっかり焼く。
  7. 玉葱、トマトは微塵切り、生姜とニンニクはすり下ろしておく。
  8. 鍋に油を敷いてクミンシードを炒め、香りを出す。
  9. 玉葱を加えて茶色く色が変わるまで炒める。
  10. ターメリック、チリペッパーを加えて更に炒める。
  11. 生姜とニンニクのすり下ろしを加え香りが立まで炒める。
  12. トマトの微塵切りを加え2〜3分炒める。
  13. ほうれん草のペーストを加えて煮立ったら水200ccくらいを足す。
  14. ガラムマサラ、豆腐を加えて2〜3分煮てから火を止める。
  15. 皿に盛ってから、揚げた千切り生姜をかける。

ほうれん草のニョッキ



先日のニョッキのソースとほうれん草が残ってたので再びニョッキ。
ゴルゴンゾーラのソースに生クリームと塩鮭を足してみました。塩分がほうれん草の甘味を引き立てます。
“ほうれん草のニョッキ” の続きを読む

スパナコリゾ



ギリシャの有名なお米料理。こういうのはほうれん草が美味しい冬のうちに作っときたいですね。最近TVでは汁実するアニメが流行ってますが簡単にホウレンソウが沢山食べれます。
リゾットとはちょっと違うみたいですが、近縁の親戚みたいなもんでしょうか?
“スパナコリゾ” の続きを読む

鶏肉のラグーとフィットチーネ



パスタは手打ちの方が美味しいとも限らないので普段は乾麺を利用してるんですが、戸棚の奥の方に粉が残ってたので久しぶりに打ってみました。ついでなのでホウレン草を練り込んで緑のフィットチーネに。久しぶりに打ってみると良いもんですね。
パスタマシンがあればもっと楽しいのでしょうけど、まあそれはそれで。
近いうちにまた作ってみよう。
“鶏肉のラグーとフィットチーネ” の続きを読む

ナッツ入りサフランライス


ナッツ入りサフランライスとほうれん草のカレー。
霜が降るようになるとほうれん草も美味しくなります。鶏胸肉の皮を剥いでさっぱりと。インドでは鶏の皮をあまり食べないみたいですね。油脂分が物足りない部分を御飯に炊き込んだナッツ類が補ってくれます。
“ナッツ入りサフランライス” の続きを読む