塩ホルモンの野菜炒め

塩ホルモン
塩ホルモン

近所のスーパーでフレッシュの豚の小腸が手に入ったので、北海道で流行っているという塩ホルモンをつくってみました。ホルモンだけだと寂しいので、長ネギとニラともやしを一緒に炒めています。

ホルモンの臭いが気になる場合は、茹でこぼして使うといいと思います。今回は給湯器のお湯で2〜3回洗いました。

ホルモンを焦げ付かない程度の中火で気長に炒めて油を出し、カリッとさせるのがコツです。焦げ付いたらフライ返しでがんがん剥がしながら炒めましょう。ニンニクと胡椒が味の決め手になるのでケチらずに。胡椒は挽きたての黒胡椒を使うようにします。

塩ホルモン
塩ホルモン

そして焼きたてのホルモンにはビールが似会います。私はアルコールがだめなのでビールテイスト飲料で。

[材料]

  • 豚小腸 400g
  • 長ネギ 1本
  • にら  1束
  • もやし 1袋
  • ニンニク 5片
  • 胡椒

[塩ホルモンの野菜炒め]

  1. ニンニクは刷り卸して、ネギは斜め切り、ニラは短冊に。
  2. ホルモンにニンニク、塩、胡椒を揉むように混ぜ込む
  3. フライパンを熱くしてからホルモンを投入する
  4. 最初は水分が出るので強火で飛ばし、焦げない程度の中火でじっくりと脂を出す
  5. ホルモンがカリッとしたらネギをいれ、ざっと炒めてニラも入れる
  6. 強火でモヤシを炒めてしゃきっと火が回ったら皿に敷く
  7. フライパンにホルモンを戻して、ニラも入れ強火であおる
  8. モヤシの上に乗せて胡椒を追加でふりかける

豚肉の柳川風

豚肉の柳川風
豚肉の柳川風

めずらしく豚もも肉の薄切りを使ったレシピ。もも肉は火を通しすぎると固くなってしまう難しい部位なので、うちでは普段はあまり使わないが、スーパーで安売りしてたのでついつい購入。
ゴボウは皮付きのまま笹掻きにして煮え端をいただくことで、鮮烈な香りを楽しむことができます。肉とゴボウは短時間でさっと火をとおして卵で閉じて味と香りを閉じ込め、じっくり蒸らすとイメージして作ります。ゴボウ、長ネギ、三つ葉の香りに七味を添えて香りの洪水を楽しみます。
調理中に温度が下がらないよう、厚手の鍋と強めの火力で作るのがコツ。

[材料]

  • 豚もも薄切り 200g
  • ゴボウ  1/2本
  • 卵    4個
  • 三つ葉  1束
  • ネギ   1/2本
  • 胡椒
  • 出汁
  • みりん
  • 砂糖
  • 醤油
  • 七味

[豚肉の柳川風の作り方]

  1. 豚肉は1cm幅の短冊に切る。
  2. 少量の酒と挽きたての胡椒を振りかけ、10分くらいおいておく。
  3. ゴボウは泥を洗い、皮付きのまま笹掻きにする。
  4. ネギは3mmくらいの斜め切りにする。
  5. 三つ葉は3cmくらいの長さに切りそろえる
  6. 卵は割っておく。
  7. 厚手の鍋やフライパンに出汁を煮立て、みりん、砂糖、醤油で下地をつくる。
  8. 沸騰してる下地を強火にしてネギと豚肉をいれ、さっと混ぜる。
  9. つぎにゴボウを入れて再び煮立ったら、卵を手早く掻き崩して流し入れる。
  10. 三つ葉をちらし、蓋をして火を落とす。

ネギ味噌ラーメン

ネギ味噌ラーメン
ネギ味噌ラーメン

夜中に突然空腹になったので作ってしまった。ネギラーメンを自分で作ったのは今回が初めて。
ネギラーメンてのは映画たんぽぽにも出てくるやつで、85年当時、突然メジャーになったラーメンで当時それなりに流行ったんじゃないかな?その頃バイトしてた内装高磁界車の社長が仕事が終わったあとの深夜に街道沿いのラーメン屋で「え?ネギラーメン知らないの?」と自慢げにおごってくれた事を思い出す。
今日も寒いけど、あのときも寒かった。寒暖の記憶と食べ物の記憶は結びつきが強いように感じる。それにしても、深夜に寒い台所で何かないか物色していたらインスタントラーメンと長ネギの組み合わせが突然想起されるのだから、つくづく私は食い意地がはっているのだろう。
チャーシューがあれば短冊に切ってネギに混ぜるともっとリッチな味わいになると思うが、インスタントラーメンに長ネギという貧乏臭い組み合わせが貧しかった学生時代の思い出に重なってちょっと良いように感じる

[材料]

  • インスタントラーメン 味噌味 一袋
  • 長ネギ 1本
  • 醤油         小さじ1
  • オイスターソース   小さじ1
  • 豆板醤        小さじ1
  • 胡麻油        小さじ1
  • すりごま       適量

[ネギ味噌ラーメンの作り方]

  1. ラーメンを茹でるためのお湯を沸かし始める
  2. ネギを4等分して芯を外し、白髪ネギをつくる
  3. ネギの芯は小口切りにする
  4. 白髪ネギを冷水につけてしゃきっとさせる
  5. お湯が沸騰したらラーメンをゆで始める
  6. ネギの水気をよく切って、*調味料をまぶす
  7. 麺が茹だったらスープの元を入れて器にもる
  8. すりゴマをかけて食べる

*ネギに調味料が絡んでいるので、少し薄味にした方がいい

白身魚と蓮根の黒酢餡掛け

_C185217
白身魚と蓮根の黒酢餡掛け

魚は鱈です。最近海外でも人気で入手が困難だった鱈が意外に安く売っていたので、思わず買い求めてしまいました。

黒酢餡を固くしすぎて餡掛けというより飴かけみたいになってしまったのはご愛嬌です。酢豚と違って魚は身が崩れやすいので、あまり固すぎる餡は向きませんね。

“白身魚と蓮根の黒酢餡掛け” の続きを読む

鴨スキ

 

_B174149
鴨スキ

ここ数年、鳥インフルエンザの影響で鴨肉の流通が少なくってたようですが、今年はより強力な新型インフルエンザが猛威を振るっているので、すこしは手に入りやすいようです。

うちの鴨スキは山のようにごぼうを使う沢煮風で、鴨の他には、ごぼう、ネギ、せり、豆腐くらいしか入れません。火を通しすぎないように煮えばなをどんどん食べて行くようにします。薬味は七味だね。

_B174148
鴨スキ

 

“鴨スキ” の続きを読む

青いアボガドのフライ

 

アボガドのフライ
アボガドのフライ

美味しく成熟したアボガドを見分けるのに失敗して若いアボガドを食べなければいけなくなったときは、フライや素揚げが美味しいという噂を聞いて、フライにしてみました。

なるほど美味しいのですが、ソースをどうしたものか悩んでしまいました。既存のソースやケチャップ等、どれもしっくり来ないのです。調べていたらぐるなびレシピにタクアンとしば漬けを細かく刻んでマヨネーズで和えたソース(一晩おく)でアーモンドの衣で揚げたアボガドを食べるっていうのがあって、さすがだなあと関心しちゃいました。
今回は気がつく前に食べてしまいましたが、次回はぜひ作ってみたいと思います。

 

鶏ゴボウのマカロニグラタン

_B284443
鶏ゴボウのマカロニグラタン

ゴボウは意外とクリームとの相性がいいので、今回はマカロニグラタンに仕立てました。ゴボウの鮮烈な香りが、重くなりがちなチーズとベシャメルソースの組み合わせを食べやすくしてくれて、箸を進ませます。

アメリカを代表的する料理のひとつ、マカロニ&チーズは日本のマカロニグラタンと殆ど同じですが、鶏肉とか他の具を入れるのは邪道です。白いご飯にバター醤油をかけるのと同じように邪道です。でも入れると美味しくなってしまうのはしかたのないことです。

_B284433
鶏ゴボウのマカロニグラタン

“鶏ゴボウのマカロニグラタン” の続きを読む

レタス炒飯

レタス炒飯
レタス炒飯
チャーハンにしゃきっとしたレタスのテクスチャーが加わると、不思議と美味しさが増したように感じます。
レタスはすっきりとした味わいなので、少し塩っぱい塩漬けの肉で味付けすると丁度いい感じです

チャーハンにしゃきっとしたレタスのテクスチャーが加わると、不思議と美味しさが増したように感じます。レタスはすっきりとした味わいなので、少し塩っぱい塩漬けの肉で味付けすると丁度いいですね。

チャーハンをつくるとき、冷やご飯を、蓋をしないでレンジで温めると水分が飛んでぱらっとします。

チャーハンに使ったレタスの残りでレタスのスープを作りました。
鶏ガラスープを温めて日本酒を加え、レタスとトマトをさっと煮て卵を流して、塩胡椒します。さっぱりしてていいですね。

レタスとトマトのスープ
レタスとトマトのスープ

“レタス炒飯” の続きを読む

もやし炒めの餡掛け

もやし炒め
もやし炒め

最近、nohoさんがもやしでダイエットに成功したと聞いて、食事にもやしを取り入れるようにしました。なんと正月から3ヶ月で15kgの減量に成功したとか。あやかりたいものです。
そこで、もやし。これはクックパッドでも人気のレシピに手を加えたもので、餡を適当にアレンジしてあります。もやしを炒めて取り出しておき、スクランブルエッグを作って上に載せ、餡を作って掛けるだけの簡単レシピですが、人気が高いだけあって流石に美味しい。とても良く似たレシピで卵とじにした中華料理を見たことがあります、オムレツ風にするとベトナムのバインセオになったりしますが、スクランブルエッグ載っけは失敗知らずのお気楽メニューとしてぜひレパートリーに加えたい一品です。

青梗菜の青菜炒め

青菜炒め(青梗菜)
青菜炒め(青梗菜)

手軽な一品としてサッとできる青菜炒めは食卓には欠かせない存在ですよねー。ボリュームもあって値ごろ感の高い青梗菜を使った青菜炒めを作ってみました。中華料理のレシピをみると大概タケノコを一緒に炒めてるみたいなんだけど、タケノコは手に入らなかったので青梗菜だけの炒め物です。

“青梗菜の青菜炒め” の続きを読む

からし菜の浅漬け

からし菜の浅漬け
からし菜の浅漬け
黄からし菜
黄からし菜

からし菜はアブラナ科の一種で種から辛子をつくるのですが、茎や葉もカラシ独特の風味があって漬け物等にすると美味しくいただけます。カラシの辛み成分は山葵やホースラディッシュと同じもので熱に弱く。酸素と反応して辛みを出すので、80度くらいのお湯で茹でてから激しく揉むことで風味を引き出します。
辛み成分は葉の部分よりも茎の方が強く、口当たりも柔らかくて美味しいです。ただ筋が多いのでおひたしのように食べるよりは細かく刻んだ方がいいかもしれません。

“からし菜の浅漬け” の続きを読む

マグロのワカモレ和え

マグロのワカモレ和え
マグロのワカモレ和え

かなり良い感じに熟れたアボガドがあったのでワカモレを作った。そして魚売り場でお買い得になっていた「マグロの落とし身」と和えて見た。『おとし身」というのは刺身を成形するとき切り落とした余りだと思う。

トルティーヤ
トルティーヤ

ワカモレを作るとなると、トルティーヤを焼いてタコスを食べたくなるだろうと思って粉を練って焼いてみた。やはり焼き網で焼くとうまく膨らむ。でも手焼き煎餅を焼いてるような気分になる。

 

[材料]

  • アボガド       2個
  • プチトマト      10個
  • 玉葱みじん切り    1/4
  • コリアンダー(香草) 1/2カップ
  • 青唐辛子       1本
  • 塩、胡椒
  • レモンの絞り汁    大さじ1
  • マグロの切り落とし  250g
  • わさび醤油

[作り方]

  1. プチトマトは荒く刻む
  2. アボガドは縦に切れ目を入れて2つに割り、種を取り出して皮を剥く
  3. アボガド、玉葱、コリアンダー、青唐辛子を混ぜてつぶす。ミキサーで撹拌しても良い。
  4. トマトを加えて塩胡椒、レモンで味を整える。
  5. まぐろを山葵醤油で和えて下味をつける。
  6. マグロとアボガドディップを和えてできあがり。

タプナードソース

タプナードソース
タプナードソース

地中海料理に使うオリーブペーストのソースです。南フランスの方でポピュラーらしいです。魚介との相性が良いのですがスティック野菜から獣肉のソテーまで広く使えます。
うちではピザソースやパスタソースにも使ったりします。

“タプナードソース” の続きを読む