胡桃とカラメルのパウンドケーキ

胡桃のパウンドケーキ
胡桃のパウンドケーキ

今日は奥様の誕生日なので、夜中にパウンドケーキを焼きました。ビターで酸味が爽やかなカラメルがビターで香ばしい胡桃と相まってビターX2な大人の雰囲気なパウンドケーキです。

 

  1. 胡桃は刻んで180度のオーブンで5分ロースト 。
  2. カラメルは100gの砂糖に30gの水を加え、手鍋で揺すりながら煙が出て全体が茶色くなるまで加熱。水を加えて焦げすぎるのを押さえて溶きのばし、鍋ごと水に入れてあら熱をとる。
  3. 卵を卵黄と卵白に分ける。卵白に砂糖30gを加えメレンゲに泡立てておく。
  4. バターをポマード状に練って卵黄を混ぜ、胡桃とカラメルを混ぜ込む。
  5. 小麦粉、くるみとメレンゲを2回に分けて交互に混ぜ、型に入れ、180度のオーブンで30〜45分程度焼く。

胡麻ダレ

_7090001
ゴマだれ

棒棒鶏やシャブシャブで使う胡麻ダレです。葱や生姜を混ぜてサラダや饂飩にかけても美味しいです。

作り方は下記のサイトが参考になります。

写真の感じだとまだ水分が足りません、お茶で延ばすと良いらしいです。油と水分が混じり合って白濁してきます。

栗のリゾット

_B060027
栗のリゾット

栗と豚肉は非常に相性がいいので、コンフィを焼いて栗のリゾットを付け合わせてみました。コンフィがかなり塩っぱいのでリゾットはブイヨンを使わずに牛乳だけ炊いた甘い味付けにしてみました。

作り方はメモ程度ですが、

  1. 米と栗をバターで炒める。
  2. あたためた牛乳を注ぎ焦がさない様に注意しながら柔らかくなるまで煮る。

 

焼き栗と豚肉の洋風炊き込み御飯

焼き栗と豚肉の洋風炊き込み御飯
焼き栗と豚肉の洋風炊き込み御飯

秋なので栗ごはんをパエリアでと思ったのですが、サフランが切れてました。なのでピラフのような中途半端な物に?
栗は焼いて剥いてみました。こちらに詳しい説明がありますね。この方が甘みとコクが出るような気がするのでなるべく焼くようにしています。
豚は肩肉を使いました。焼いてから炊くので柔らかくなってすごく美味しいです。米はコンソメキューブとニンニクのスープで炊き上げています。ニンニクの風味が豚肉を支えてしっかりとした安定感を出してます。

連子鯛のナッツ焼き

小イカのパスタ
連子鯛のナッツ焼き

以前、真鯛で作りましたが、今回はちょっと小振りなレンコダイを使ってみました。可愛いです。
スライスアーモンドの大袋が激安だったときに在庫しておいてよかった。こ料理はナッツをレモンバターに混ぜて塗ってオーブンで焼くだけなんですけど、背中から骨をを抜くのが腕の見せ所です。そして腹骨や他の骨も丁寧に抜いてしまいます。過保護な料理です。

 

マイルドヨーグルト・チキンカレー


インド名産のカシューナッツを使ったカレーです。
カシューナッツをペーストにするのが面倒ですが、意外と簡単にできます。ぜんぜん辛くありません。
クルミペーストで作っても美味しいと思います。
“マイルドヨーグルト・チキンカレー” の続きを読む

アヒ・デ・ガジーナ



ペルーの辛い鶏シチューです。ホワイトカレーと紹介されることも多いみたいです。
食パンを使ってトロミを出すという裏技のような作り方をする面白い料理です。ココナッツ以外のナッツ系の油脂で煮込む料理ってのも珍しいような気がします。さすがペルー、今まで作ってきた料理の体系とは一味違います。
“アヒ・デ・ガジーナ” の続きを読む

胡桃善哉(くるみぜんざい)



すっかり松も取れて楽しいお正月も終わってしまいました。一年中お正月だったらどんなに良かったことでしょう。残念なことです。しかたないので鏡もちを片づけて食べてしまいました。
岩手県ではお雑煮にを胡桃ダレ食べると聞いております。さすがイーハトーブの地、やることがハイカラです。
“胡桃善哉(くるみぜんざい)” の続きを読む

ジェノベーゼ

ジェノベーゼ
ジェノベーゼ

やっと雨が上がり、太陽が顔を出すと、やっぱり暑いよ。夏だね。
八百屋は明日定休日でバジルが投げ売り。フレッシュバジルは今年初だぁ〜。で記念にジェノベーゼ。
イタリアでジェノバ人はドケチと言われてるらしく、これはドケチソースのパスタになります。ケチでもこんなに美味しいものを食べるのですから金持ちは何食べてるんでしょうねえ!
“ジェノベーゼ” の続きを読む

ナッツ入りサフランライス


ナッツ入りサフランライスとほうれん草のカレー。
霜が降るようになるとほうれん草も美味しくなります。鶏胸肉の皮を剥いでさっぱりと。インドでは鶏の皮をあまり食べないみたいですね。油脂分が物足りない部分を御飯に炊き込んだナッツ類が補ってくれます。
“ナッツ入りサフランライス” の続きを読む