炙り鯖寿司

炙り鯖寿司
炙り鯖寿司

鯖の棒寿司を炙ってみました。炙ると香ばしい香りがつく上に、鯖の脂が溶け出して口当たりも良くなって美味しいです。京都ではバッテラを火鉢で炙って食べる習慣もあると何かで読んだような気もします。
最近では焼いた鯖で作る焼き鯖寿司というのが有名みたいですね。一度作ってみたいものです。

 

スキ鯖

スキ鯖
スキ鯖

なんか最近和食を食べてなかったので、胡麻鯖と大根でスキ鯖に。
新鮮な鯖を使い日本酒で臭みを消していただきます。鰤大根に似ていますが、こっちの方が手軽で美味しいような気がします。
鯖のスキ鍋は牛肉のすき焼きと同じように濃い味の割り下で煮込み、具が多い物もあるようですが、このレシピはシンプルに出汁と大根だけ。でも驚くほど美味しいですね。
参考にしたレシピ
http://nara-shokubunka.jp/yamato/17-01.html

煮込み鍋料理ですが、冷めると美味しくないので、鍋ごとテーブルで供して弱火で保温するように。

ばってら

いや〜、実は三度の飯よりもバッテラが好きなんですが、今日は素封家の大崎さんに都内でも有名な行列ができるお寿司屋さんのバッテラをいただきました。

さすがに良い仕事してますねぇ。それにこの肉厚な鯖。シャリよりネタの方が厚い押し寿司なんて反則ですよね。

ゴマ鯖の竜田揚げ

_4284453
ゴマ鯖の竜田揚げ

鯖よりも一周り小さめのゴマ鯖を一口大にカットして漬け込み、カラッと揚げています。
ゴマ鯖の旬は夏で、夏は真鯖よりも美味しいと言われますが、この時期は脂も落ちてサッパリとして値段もサッパリしてます。
竜田揚げは予めタレに漬け込むので鯖の生臭さも消えて、一口大にするとスナック感覚で食べれますね。脂がのってるとそれはそれで美味しいのですが、これはこれで美味しいと思います。
竜田川の紅葉に見立てた竜田揚げですが、春らしく大葉を散らしてみました。
“ゴマ鯖の竜田揚げ” の続きを読む

サバサンド

920
サバサンド

トルコ名物、「鯖」サンド、一説によると味は鯖に似てるが違う魚かも? 日本からの観光コースにはかならず「サバサンド」が組み込まれてるそうで現地でも日本人には「サバサンド」と言って売りつけるらしい。

921
サバサンド

揚げたり焼いたりするそうだが今回は「焼き鯖」で。普通に美味しい。とっても美味しい。

鯖は表面がカリッとするくらい良く焼いたほうがいい。
フランスパンを切って焼き鯖をはさみ、
玉ねぎとトマトにレモンをたっぷり搾って塩を振りかけて食べるだけ。
千切りキャベツとマヨネーズを使うバージョンもあるらしい。

堅くてぱさついたフランスパンが良くあう。柔らかいと鯖に負けちゃうかもね。