栗蟹は花見に食べる

生きてる栗蟹
生きてる栗蟹

栗蟹の旬は春で、青森地方では花見の料理の定番だそうです。
花見の季節は過ぎてしまったので旬は逃してますが、茹でたての栗蟹は肉がつまり、ほんのり甘くて独特の美味しさがあります。
茹でると外観が毛蟹に似ていますが、甲羅が五角形なのですぐに見分けがつきます。毛蟹のような濃厚な旨味はないので毛蟹を期待するとがっかりするかもしれません。しかし、これはこういうもんだと思うと病みつきになる味です。

茹で栗蟹
茹で栗蟹

せいこ蟹

せいこ蟹を蒸し上げる
せいこ蟹はズワイガニのメスです。せいこ蟹、せこ蟹、香箱、こっぺ、等いろいろ呼び名があるようです。
オスに比べるとかなり小さいですが、味は濃くて卵が詰まっています。冬の風物詩ですね。雄よりも雌の方が美味しいという人も多いようです。私も好きです。なんだか活きが良かったので蒸してみました。調べてみたら産卵する1月からは禁漁という所がおおいようですが、未だに卵を抱えているのはオホーツクの方のでしょうかね?

せいこ蟹の内子

丸蟹のトマトソースパスタ

_8300008-1
丸蟹のトマトソースパスタ

店頭では丸蟹、正式名称はヒラツメ蟹。甲羅に Hのような形のマークがあるので通称Hカニ。
食べるところは少ないのが残念ですが、出汁が美味しいのでスープやソースに向いています。小さな物は唐揚げにしても唐揚げも美味しいと思います。
カニのパスタはカニからどれだけ美味しい出汁が出るかが勝負らしいので、丸蟹はうってつけです。箸休めに網焼きにしたエリンギを添えてみました。
“丸蟹のトマトソースパスタ” の続きを読む

蒸し蟹(タラバ蟹)

_8280077
蒸し蟹(タラバ蟹)

久しぶりに蟹です。しかもそのまま蒸しただけです。蟹味噌がすごく美味しいです。前回の毛ガニは焼いただけでした。
煮てしまうと煮汁に味が解け出してしまいそうで、蒸したり焼いたりするのがいいんじゃないかと。
比較的小さく纏まる毛ガニなんかはともかく、タラバガニやズワイガニを焼くとなると巨大なコンロが必要になるような… それでなくても暑いし。
蒸し時間は30分くらい。ポン酢でさっぱりといただきました。

焼き蟹 (毛ガニ)

焼き蟹
WBC優勝おめでとう〜。と魚屋さんに行ったら毛ガニを押し付けられる。最後だから半額以下にすると言う。

毛ガニを焼くときは必ず生きてるものを選ぶ。水でよく洗って塩をふる。
炭火、グリル、オーブン等でよく焼く。
体液が沸騰して、殻の間から吹き出したら焼き上がり。

殻が固いので包丁で切れ目をいれておくと食べやすい。
小さくて重い個体の方が甘くて美味しい傾向がある。