599M(高尾山)

ケーブルカー乗り場
ケーブルカー乗り場

東京の山と言えば、ミシュランガイドにも掲載されたという高尾山です。この夏の登山はミシュラン掲載記念も兼ねて高尾山完全踏破を目指しました。夏の低山は暑い、そこで沢沿いに登る6号コースを選択し、このコースでは途中、滝修行ができるという琵琶滝も見学できるらしい。599Mという低さに加え、朝からの小雨まじりの曇天で登山道はミストサウナ状態。15分もすると吹き出した汗と霧でビショビショになる。が、なんと琵琶滝についてしまう。 地図を見ると全行程の1/3にあたる琵琶滝に15分で着いてしまうのはペースが速すぎなので滝と社を見学する。

IMG_6755
琵琶滝の横にいる狛犬

そしてすぐに大山橋を通過して沢の中央を歩くコースを上り詰めると、最後に辛い階段があるものの、1時間くらいで山頂についてしまう。高尾山の山頂はビジターセンターもあって整備されており、売店や茶屋があって食事もできる。しかし予想どうり、霧で何も見えない。みごとに何も見えない。さっぱり見えない。山頂ではビールで乾杯してお弁当のおにぎりを食べる。

IMG_6762
高尾山山頂の風景は霧の中

帰りは表参道を通るか、稲荷山コースを降りるかの2択をコインで決めて稲荷山コースを降りる。もちろん霧で何も見えない。

「599M(高尾山)」への3件のフィードバック

  1. あー、山だーいいなあいいなあ……。
    おぢさんも山登ってこようかな〜。
    枡形山 。標高84m…w

  2. 枡形山はまだ行ったことないんですよ。低山マニアの血が騒ぎますね。。

  3. 枡形山の近くには、ベーグル屋さんもあります。
    おべんとうもって、ぴくにっくー。
    (というほどの距離でもない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください