_和風 牡蠣

カキフライ


雪が降って染み入るように寒い。寒いとなぜか無性に食べたくなるのが牡蠣フライ。
洋食の代表的なメニューですが、フランスでは牡蠣は生で食べるもので、フライにしたのはどうも日本人ぽい。
写真は2人前(当社比)

牡蠣は素手で触るといけないそうです。
ボールに薄い塩水を作り、箸でそっとかきまぜるようにして汚れを落とします。大根卸しを使うと完ぺきです。ジアスターゼが牡蠣のぬめりを分解するのだと思われ。

まあ牡蠣フライはともかく、大量の牡蠣フライにはやっぱりタルタルソースでしょう。
固ゆで卵と玉ねぎのみじん切りをマヨネーズで和えたソースにピクルスや香辛料を加えたものだけど、卵黄と油を混ぜて乳化させ、ニンニクを潰してアイオリソース風にしつつパセリ、ケパー、セロリの葉のみじん切りなんかを加えてレモンを搾って胡椒で味を整えるとかなりすっきりした味に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です