ドイツ風(独風)

ヴルスト 紫蘇風味

ヴルスト 紫蘇風味
ヴルスト 紫蘇風味

所謂ソーセージをドイツではWurst(ヴルスト)と言うそうで、地方ごとにその地名を冠して呼ぶソーセージがあるらしい。北海道ラーメンとか博多ラーメンみたいなものか?ラーメンは伝統料理じゃないけど。

ソーセージというと薫煙してあるタイプが一般的ですが、今回は紫蘇の風味を生かす為にボイル仕上げで、もちろん薫煙するのが面倒くさかったからでもある。

肉は元来、豚肉と少量の牛肉を混ぜ合わせるらしいが、合い挽き肉が半額になってたのでそのまま使う。ソーセージのレシピはググルといっぱい見つかるが、一番参考になったのは、ここ

ハム・ソーセージなんでも相談室

この手の加工ものはセンス以前に科学的要素が強いね。とりあえず基本を押さえないとなんか違ったものに・・・

合い挽き肉500gに対して紫蘇20枚を使用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です