ブラジル風(墨西哥風)

タコス

918.jpg
タコス

で、下記のエントリーを組み合わすとこれができます。

トルティーヤに短冊切りのレタスを山ほど挟んでサルサとチリを好きなだけかけてレッドチェダーチーズをトッピング。
焼きソーセージもあるといいかも。

南米は唐芥子の本場だけあって唐芥子の使い分けで凄い味覚の世界を構築します。トルティーヤは冷めないうちに焼きながら食べるのが吉。薄いからすぐに焼けるしね。

このチリコンカンを挟む食べ方は北米風なのかもしれません。南米では焼き肉とかソーセージを挟むみたいです。
野菜と肉と炭水化物がバランスよく混ざってて非常に身体に良さそうです。しかしチリを溢さずに上手に食べるにはどうしたらいいのでしょうか?奇麗に食べれれば日本でも市民権を得る事ができそうな料理なんですけどねえ。

ところでこの具材の組み合わせと調理方法ってお好み焼き、特に広島焼きに似てますよね。あれって和風タコスなのかもねぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です