ドイツ風(独風) 鮭(シャケ)

スモークサーモン


スモークサーモンは意外と簡単にできる保存食。自作するとかなり美味しい。

一日目
 ソミュール液に浸ける。
 ・水1Lに15%の食塩(つまり150g)、50gの砂糖、10粒の胡椒、ローリエ2〜3枚、好きな香辛料、タマネギや人参、セロリ等の切れ端を入れ、5分間沸騰させる。液を冷やして笊で濾す。
 ・空気が入らないようにビニール袋に詰めて14時間マリネする。

袋が破けないように気をつけよう〜。

二日目
 塩抜きをする。
 ・ボール等に鮭を入れて1時間〜2時間くらい塩抜きをする。直接流水が当たらないように気をつける。
 1時間くらいしたら一部切り取って味見をして塩加減を調節する。

 ・水から取り出す。水を吸って柔らかくなっているので、押し包むように水分を拭き取る。
 風乾
 ・壊れやすいので、網に乗せて冷蔵庫に一晩ほど放置する。

三日目
 燻煙する
 ・内部が30度以上にならないように気をつけながら、2〜3時間燻煙する。

 ・ちゃんとした薫製機も数千円で手に入るようだが、うちでは段ボールの空き箱にイラストを書いて利用している。もちろん可燃素材であるが故に燃えやすいのはご愛嬌かも

 ・燻煙が終わったらそのまま吊るして風にあて、えぐみを取り味を馴染ませる。

2 Comments

  1. 先生、スモークサーモンといえば、ベーグルですよ。
    おやつにもなりますし、朝食にもなりますし。

    にしても美味そう………じゅる。

  2. いや〜 不思議なことに美味しいんですよ〜。
    旦那の家の前なら温薫もできますね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です