ロシア風(露西亜風)

カツレータ

P3010022
カツレータ

ロシアのハンバーグ。カツレツと名前が似てるがメンチカツの方が近いかも。

フランス料理では名称の混乱を避けるためにこれをロシア風ビトックとか呼ぶ。
中央アジアには有名なキエフ風カツレツという中心に野菜や香草を巻き込んだカツがあるが、まったくの別物。
牛乳に漬けたパンを使うのも特徴的。

  1. パンを牛乳に漬けておく。玉ねぎを細かい微塵切りにしておく。
  2. ボールに挽肉、玉ねぎ、ニンニク、パン粉、卵、塩、胡椒、パセリの微塵切り、ナツメグを入れて良く混ぜる。
  3. 混ぜたら適当な大きさに分けて丸め、冷蔵庫で休ませておく。
  4. 表面に付けるパン粉は細かく砕いておく。そうしないとすぐに焦げる。
  5. フライパンに5mm~10mmくらいの厚さで油を敷く。中温まで熱する。
  6. 表面にパン粉をすり込んでフライパンで焼く。蓋をしないで表面をカリッと中をフワッと仕上げる。

参考にしたレシピ
http://www.geocities.jp/sagaranl/food/receipt/main_humberg_mama.htm