胡桃とカラメルのパウンドケーキ

胡桃のパウンドケーキ
胡桃のパウンドケーキ

今日は奥様の誕生日なので、夜中にパウンドケーキを焼きました。ビターで酸味が爽やかなカラメルがビターで香ばしい胡桃と相まってビターX2な大人の雰囲気なパウンドケーキです。

 

  1. 胡桃は刻んで180度のオーブンで5分ロースト 。
  2. カラメルは100gの砂糖に30gの水を加え、手鍋で揺すりながら煙が出て全体が茶色くなるまで加熱。水を加えて焦げすぎるのを押さえて溶きのばし、鍋ごと水に入れてあら熱をとる。
  3. 卵を卵黄と卵白に分ける。卵白に砂糖30gを加えメレンゲに泡立てておく。
  4. バターをポマード状に練って卵黄を混ぜ、胡桃とカラメルを混ぜ込む。
  5. 小麦粉、くるみとメレンゲを2回に分けて交互に混ぜ、型に入れ、180度のオーブンで30〜45分程度焼く。

開口笑

開口笑
開口笑

北京名菓の開口笑は中華式の揚げドーナッツです。沖縄のサータアンダギーとよく似ています。低温でじっくり揚げるので温度差で球の一部が割れます。割れた所が口を開けて笑っているように見えるので開口笑という名がついたとか。 今日は生地にジャスミン茶を練り込みました。ちょっと大きめに作りすぎてしまいましたが、思ったより水分が少なく、さくさくしているので小さめに作った方が食べやすいでしょう。 “開口笑” の続きを読む

苺のミルフィーユ

苺のミルフィーユ
苺のミルフィーユ

どうしても卵白だけ使いたい料理があったとき、卵黄が余るのでカスタードクリームを作っておきました。パイシートを焼いた物に塗って苺を並べてミントを散らすとそれなりに美味しそうになります。

貧乏なのでバニラエッセンスを使ってる関係上、香りは弱めですが、苺とミントの香りが相まってこれはこれで。

アップルケイク

アップルケイク
アップルケイク

今日はキンタロウさんのお誕生日だったわけですが、カレンダーに書き込んであるにも関わらず、風邪のせいかすっかり失念しておりましてん。で、のりすけさんからのお電話で「これからキンタロウさんが来てご飯を食べるのだが、どうやら今日が誕生日らしい」という話しを聞いて「そうか!」と思い立ち、すぐに手元の紅玉を剥いて15分で仕込んだケーキがこれ。慣れれば10分で行けそうです。
たぶん一種のパウンドケーキですね。さすがイギリス、早くて美味い。
ちなみにキンタロウさんは実家に帰るとかで今日は会うことができませんでした。しかたないのでケーキは美味しくいただきました。(意味ねえ!)

[参考にしたレシピ]
CakePia

リンクのレシピで材料ですが、紅玉をつかったのでリンゴは2個です。ケーキの上にアーモンドスライスを散らすと良さそうです。

[追記]

アップルケイク
アップルケイク

 

アーモンドスライスを散らしてローソクを飾ってみました。