タプナードソースのピザ

タプナードソースのピザ
タプナードソースのピザ

昨日作ったタプナードソースを使ったイカのピザです。現在、夏に向けてダイエット中なのでチーズ抜きですが、オリーブの香りで爽やかに美味しいです。具はスルメイカ、トマト、エリンギ、ピーマン。

ラフマジュン

ラフマジュン
ラフマジュン

薄焼きのピザ(のようなもの)にミートソース(のようなもの)を塗って、スライス玉葱やトマトを乗せて太巻きのように丸めて食べます。スナック感覚ですね。タコスとどう違うかというと、醗酵生地を使うところが大きく違いますが、あとはほとんど同じじゃないかと…。

この料理もバリエーションが無数にあるようですが、基本的には生の羊肉を生地に塗ってオーブンで焼き上げるピザ形式が、羊の風味を生地に染み込ませる先日のクイマル・ピデと同じで、トルコ風なんじゃないかなと。
今回は残念なことに羊が手に入らなくて牛の挽肉を使いましたが、やはり羊で作るのが美味しいと思います。生地はピザと違ってけっこうしっかりとした堅さ(みみたぶくらい)にしたほうが薄くしたとき扱いが楽ですね。柔らかいとちぎれます。
薄くて柔らかいしっとりとした焼き上がりが美味しそうです。

参考にしたレシピ
http://blog.livedoor.jp/istanbulcafe/archives/27573920.html
http://cchan225.blog28.fc2.com/blog-entry-171.html

クイマル・ピデ


ピザの原型になったというトルコの総菜パン。この皿は直径40cmなんです。けっこう大きい。

参考にしたレシピ
http://www2u.biglobe.ne.jp/~nee/framepage56.htm
http://home9.highway.ne.jp/arabia/cooking/receipt/pide.html
http://www.ab.cyberhome.ne.jp/~satoc/recipi-kuimalpide.htm

パンに生肉を乗っけて焼くのは初めてです(笑)。粉2カップ、羊150gで作りましたが、けっこうなボリュームになりました。
塩はかなり強めに振った方が美味しいですね。焼いてから食べてみて味が物足りなかったら塩を振りかけると良い感じです。

ピッツァ・ビスマルク

P1010028
ピッツァ・ビスマルク

つぅわけで焼いちまいました。最初にピザってのは凡庸すぎますか。そうですか…orz

上からの火力があるってのは素晴らしいことで、これまでできなかった変則的な調理方法も可能になる。
変則的といえばやっぱりピザの上に生卵を落として焼き上げるビスマルク風でしょう。
目玉焼きが乗ってる料理をビスマルク風と称するらしい。美食家で大食漢のビスマルクがステーキに目玉焼きを載せて食べるのを好んだ所から来てるらしいが、なんでイタリア料理にドイツの宰相の名前がついてるかが不明?

なので薔薇乙女の常食である花丸ハンバーグも実はビスマルクハンバーグだということになる。流石はRozen Maiden、しかしカロリー高過ぎないか?