カイ・ヤッサイ

カイ・ヤッサイ
カイ・ヤッサイ

タイにも魅力的なオムレツがいくつかあるようですが、これは具を薄焼き卵で包むタイプ。まるで茶巾寿司みたいなオムレツです。包んでから裏返して盛りつけ、切り込みを入れて皮をめくり具を見せるという盛りつけで供するようですね。具はいろいろ工夫できると思いますが、今回は鶏胸肉の角切りを玉葱と炒めました。夏場に冷えたラタトゥユを包んでも美味しそうです。味付けにはケチャップを使うみたいです。

[材料]

  • 鶏胸肉     150g
  • 玉葱      150g
  • セロリ     1/4本
  • ニンニク    1片
  • パクチーの根  2本
  • 卵       小3個(大なら2個)
  • 胡椒       少々
  • トマトケチャップ   大さじ2
  • シーズニングソース  大さじ1
  • ナンプラー      大さじ1
  • パクチーの葉
  • 胡瓜
  • ミニトマト

[作り方]

  1. 鶏肉は皮を剥がし、5〜8mmの角切りにする
  2. ニンニクとパクチーの根はみじん切り
  3. 玉葱とセロリは5mmの角切り
  4. 鶏皮を細かく切ってフライパンの弱火にかけて油を出し、カリカリにする
  5. 皮を取り出してニンニクを加え香りを出したらパクチーの根も加える
  6. 鶏肉を入れ、胡椒をふって白くなるまで炒める
  7. 玉葱を加え透き通るまで炒めたらセロリも加えてざっと炒める
  8. ケチャップ、ナンプラー、シーズニングソース、塩、砂糖で味を決め火を止める
  9. 別のフライパンか中華鍋を良く焼いて油をしく
  10. 良く溶いた卵の半量をひろげ、だいたい固まったら具の半量をのせる
  11. 四方を折り畳み四角くくする。ひっくり返して皿にのせる
  12. 中央に斜めに切り込みを入れ、卵をめくって具をみせるようにする。
  13. カイエンペッパーを振って鶏皮を振りかけ、パクチーの葉を飾る
  14. 付け合わせに胡瓜やトマトを飾りつける。

エビのグリーンカレー

エビのグリーンカレー
エビのグリーンカレー

寒い日が続きますが、我慢してタイカレーにしてみました。具はエビと茄子と大根とシメジです。グリーンカレーなのですが、エビのミソのせいで赤い色になりました。色は赤いですがグリーンカレーの爽やかで危険な辛さの中でエビの甘さが際立ってかなり良い感じです。エビが好きなM子さんとかHmiさんにもお薦めできます。

しかし寒い日に辛すぎるものを食べるのは身体が冷えるので控えた方がいいですね。 “エビのグリーンカレー” の続きを読む

プラー・ジャラメッ・ラー・プリック

 

マナガツオ
マナガツオ

ちょっと小さめのマナガツオと言えばやはり甘酢あん掛けです。 この料理は以前、鯵で作ったものを掲載したことがありましたが、マナガツオで作るとそれなりに趣き深いものがあります。

 

ゲーン・ペッ・ヌア

_5173752
ゲーン・ペッ・ヌア

前に紹介したゲーン・ペッ・ガイの牛肉版です。ガイは鶏でヌアが牛、ムウが豚、クンがエビとなるようです。
ココナッツミルクで肉を煮ると柔らかくなるので、どの部位を使っても美味しくできます。今回はOGビーフのステーキ用もも肉を使いプチトマトと筍をあわせてみました。牛肉は味が濃いので辛いホワイトシチューのようなカレーができました。
アジアフーズ のサイトでは茄子とエビ、カボチャと豚のような組み合わせが紹介されてますねえ。是非試してみたいです。
“ゲーン・ペッ・ヌア” の続きを読む

ケーン・キョ・ワン(グリーンカレー)

ケーン・キョ・ワン(グリーンカレー)
タイのグリーンカレーです。以前からちょくちょく作ってはいるのですが、どうも決め手になる作り方に辿り着かなかったのでレシピのようなものは載せていませんでしたが、今日はちょっと調べてみたので。
昨日も鳥肉のバジル炒めを作ってて思ったのですが、タイ料理で炒めるという記述は日本の感覚では炒め煮になるのかもしれません。
“ケーン・キョ・ワン(グリーンカレー)” の続きを読む

ヤムヌア

ヤムヌア
ヤムヌア

タイの牛肉サラダです。暖かくなってきたので、お花見にどうかな?と思って試作してみましたが、桜よりもハイビスカスやブーゲンビリアが似合う感じです。香辛料の香りとライムの酸味が一気に南国気分です。
灼熱の太陽の下、だらだらと汗をかきながらビール片手に楽しみたい料理でした。orz
(いや、美味しいンですけどね。夏に食べたいっすね)

[参考にしたレシピ]
エスニック大好き
ごむまりのまあるい小部屋

牛肉には強めに塩胡椒します。火を通し過ぎると固くなるので、強火で表面だけをまんべんなく焼きます。そんなに簡単に火が通りませんから、水に付ける必要はありません。
紫のタマネギは普通のタマネギより甘いので牛肉に合います。サラダタマネギでも良いと思います。
手に入るならフレッシュのコブミカンの葉とかレモングラスは入れたほうが南国っぽさ爆発です。口の中で香菜がはじける感じがいいですね。
うちではタイフェスで買ったものを冷凍保存して使ってます。
冬場に食べると身体が冷えるので気をつけたほうがいいみたいです。

ヤム・ウンセン

ゲヤム・ウンセン
春雨サラダ。大きなエビを使ったのでけっこう豪華に。ボリュームもありますね。
そういえば次期総理大臣は安倍さんになったみたいですね。特亜には毅然とした態度での外交をしてくれるといいですね。
“ヤム・ウンセン” の続きを読む

ケーン・チュー・マラ・ムー

ケーン・チュー・マラ・ムー
ケーン・チュー・マラ・ムー

今日はタイでクーデターだったみたいですねぇ。ゴーヤの肉詰めスープです。
凄く天気が良いけど、太陽が出るとまだまだ暑いです。ゴーヤの苦さが溶け出して良い感じのスープ。夏場には最適です。

[参考にしたレシピ]
http://www1.neweb.ne.jp/wa/asiafoods/recipe.htm

レシピだと豚挽肉250gとなっていますが、日本のゴーヤは小さいので200gでも余っったので、そのまま肉団子にしてスープの具に。

レモングラスとミントのごはん

レモングラスとミントのごはん
夏っぽい日差しが気持ちいい一日でした。梅雨明したら湿度も下がったようです。
レモングラスを炊き込んだ御飯とミントの取り合わせは南国情緒溢れる真夏のディナーに最適です。
“レモングラスとミントのごはん” の続きを読む

ゲーン・ペッ・ガイ

ゲーン・ペッ・ガイ
ペッと言っても下朝鮮の下品なタレントのことではなく、タイ語で「辛い」です。ゲーンはカレー、ガイは鶏。
今日は都内でも30度を超える真夏日となりました。こんな日こそ本場熱帯の料理、レッドカレーと呼ばれる辛い鶏肉のカレーです。
“ゲーン・ペッ・ガイ” の続きを読む

プラー サムロッ


夏の魚「イサキ」をタイ風の甘酢あん掛けにした。この料理はマナガツオやハタで作る事が多いらしいが、そこは予算の関係上もう少し身近なやつに。大きめのイサキなので身は淡白になりがちだけど甘酢あん掛けなら一人一匹でもいけてしまう。
“プラー サムロッ” の続きを読む