ケフタのトマト煮

ケフタ
ケフタのトマト煮

今日は合い挽き肉が安かったので香辛料たっぷりの肉団子、ケフタをタジン風に煮込んでみました。トマト缶を使ったのでちょっぴりイタリアン。 最後に火を落としてから卵を割入れて10分待つのが美味しくなるコツです。
しかし、こういう料理はやっぱり羊がいいなぁ。昨日は羊だったんだけどなぁ。

_C094992
ケフタのトマト煮

鶏肉のタジン風

鶏肉のタジン風
鶏肉のタジン風

先日のジンギスカンをタジン風に作ったものが美味しかったので、今日は鶏肉にクミンをまぶしてタジン風に。鶏肉をタマネギで覆ってオーブンで蒸し上げるカキューズスティファドに近い料理になりましたが、茄子やトマトやピーマンが入って野菜の味が複雑に絡まるしフライパンとスチールボールでできるのでこちらの方が手軽でいいですね。
いまは新タマネギが安いので新タマネギを2つ使いましたが、ほとんど煮溶けてしまいました。香ばしく溶けたタマネギが付け合わせのクスクスに染み込んで絶妙です。簡単な上にとにかく美味しいのでいろいろ研究してみたくなりました。

  1. 鶏肉を一口大に切り分け、塩胡椒してからクミンをまぶしておく。
  2. フライパンにオリーブオイルを敷いてニンニクを炒めて香りを移す。
  3. ニンニクを取り出し、鶏肉の表面に焦げ目がつくように炒める。
  4. 鶏肉を取り出し、輪切りにしたタマネギに油がまわるように軽く炒める。
  5. ニンニク、ピーマン、人参を混ぜて上に鶏肉を置き、トマト、たあ茄子、ジャガイモを上に重ねる。
  6. 軽く塩をふってステンレスボールで蓋をして蒸気が上がって来たら弱火にして30分くらい蒸し焼きにする。

*蓋は何でもいいのですが、具が多いので平らなものでは密閉できないと思います。

タブレ

タブレ
タブレ

元々は中東レバノンのサラダの様ですが、クスクスで作るのはモロッコ、チュニジア辺りのスタイルだそうです。つまり地中海料理ですね。作り方のバリエーションもかなり豊富で、共通するのはオリーブオイルとミントの葉でしょうか?
生食できるものならキュウリやセロリなどの野菜から魚や肉を含め、ほとんどなんでも合わせることができると思います。フライを混ぜるレシピもあるようです。今回は試しに紫蘇ペーストを使ってみました。今日は鶏のソテーの付け合わせで作りましたが、次の機会には甘エビやイカの刺身を試してみたくなりました。

[材料]

  • クスクス 100g
  • 熱湯   100cc
  • 紫蘇ペースト 適量
  • 玉葱  1/2個
  • トマト 1個
  • レモン 1/2個
  • グリーンピース(茹で) 適量
  • ミント 大さじ2
  • オリーブオイル

[作り方]

  1. クスクスを耐熱容器に入れ、塩をふって、熱湯を掛け、混ぜ合わせ蓋をして蒸らしておく。
  2. 玉葱はみじん切り、トマトは 7mm の角切り、ミントはみじん切りにする。
  3. 5分くらいでクスクスが膨らんでるので、かき混ぜてあら熱を逃がし、オリーブオイルをたらしておく。
  4. クスクスが冷えたら紫蘇ペースト、玉葱、トマト、グリーンピース、ミントを加え混ぜる。
  5. レモンを搾って、塩で味を整え冷蔵庫で冷やす。