大阪風グラーシュ

178.jpg
大阪風グラーシュ

グラーシュは東ヨーロッパ方面の代表的な牛煮込み料理。
本来は煮込み用の牛スネ肉やホホ肉を使う料理ですが、今回は更に財布に優しい牛筋を使い、大阪の郷土料理「どて焼」をイメージしたアレンジにしてみました。
煮込めば煮込むほど美味しくなる料理の代表選手ですね。
“大阪風グラーシュ” の続きを読む

スズキのポワレ 葱とアンチョビのバターソース

大阪風グラーシュ
冷蔵庫に余ってたエノキを付け合わせにしてみました。。。今は反省してます。 orz
ジャガイモとアンチョビの相性は抜群です。
“スズキのポワレ 葱とアンチョビのバターソース” の続きを読む

冬到来

174
本日の最高気温9度。ついに1桁台突入です。
昨日はパンクした自転車を修理して、ついでにステムを短くして、調子よくなったのでターミナルまでお出かけして必要以上に買い物を仕込んで来ました。この季節になると魚や野菜が美味しくなるのでつい買いすぎてしまいます。
しかし自転車に乗るにも手袋の必要ですね。手がかじかんでブレーキを握れません。

そういうわけで、昨日はこの冬初めての鍋物となりました。
北の高級魚「黒ソイ」です。30cmくらいのやつでしたが安かったので鱗を引いて腸をとり出し、肝をとっておいて血合いを掻き出し、ぶつ切りにして頭を兜割にする。鍋に水を張って昆布で出汁をとり、頭と根菜を入れて塩と酒で薄味をつけて後は適当に色々放り込む。とりあえずポン酢でいただきました。
見た目は黒いですがカサゴ目の高級魚で白身の美味しい魚です。とにかく高級そうな味がします。ちょっと河豚に近いかも?w
肝はカワハギに似て濃厚。

待降節

鶏の手羽焼き
鶏の手羽焼き

今日焼き上げた鶏の手羽先です。アメ色に光ってとても美味しそう!・・・なんですが・・・失敗しました。
花椒塩を刷り込み飴を塗った手羽先は艶やかで香り高く香ばしい甘さで最高!って感じですが鳥肉の匂いが鼻につく。。。次回は別の方法を試してみたいと思います。

さて、今年が残りわずかとなりました。この時期をキリスト教徒は待降節と呼ぶらしいですね。私はクリスチャンではありませんが、毎年クリスマスを祝う行事は欠かしておりません。
今年も23日に数人で集まって食事会をするという情報が飛び交っています。なにかの御利益があるといいですね。
“待降節” の続きを読む