木曽駒2日目


翌朝、4時頃起きだすとM氏が天体撮影中。空一面の星は見事。三脚があればなぁ、と思いつつも身支度して頂上を目指す。他のテントの人達も起きだして登って行く。


雲海が厚く下の方は雨かも。

遥か遠方に富士山が見える

太陽と反対側の雲に山の影ができてブロッケン現象が起こる。丸い虹の中に巨人が(?)

少したつと風に押し上げられた雲が登って来て一面ガスの中。

テントを畳んでると晴れ間が覘く。

晴れ間と曇りの交錯する複雑な天気

宝剣岳に登ろうとしたとき、けっこうガスが厚かったのさっくりあきらめて次回に持ち越し。ロープウエイの駅まで戻ったころには、一面ガスで何も見えなくなってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください