ブラジル風(墨西哥風) 小麦粉

ウエボス ランチェーロス

P2250007
ウエボス ランチェーロス

トルティーヤについて調べてみると、どうも現地では柔らかくてフカフカらしいと判明。

なんでも石灰で処理したトウモロコシでないと作れないらしい。その粉をマサと呼ぶことがわかった。従ってただのトウモロコシの粉からはトルティーヤが作れないので小麦粉を入れるらしい。
更にトルティーヤは焼いてるときに膨らむらしい。インドのチャパティーと同じだね。
つまりチャパティーと同じ要領で焼けば美味しく焼けるということになる。チャパティーと違うのは焼き上がった後で、チャパティーはバター塗るが、トルティーヤは布巾に包んで蒸らす。蒸らすと中から出た水蒸気で全体がしっとりとして美味しくなる。

 

参考にしたレシピ
http://elcamino.lib.net/huevos.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です